光コラボへの転用方法と事業者変更・乗り換えの注意点

光コラボの転用

本記事では、光コラボレーション事業者への転用方法(乗り換え)と事業者変更時の注意点を解説していきます。

他社回線から光コラボへの乗り換え、フレッツ光から光コラボへの転用で検討すべき点は異なります。最適な光コラボへの転用方法を確認して自宅の光回線の料金を安くしましょう。

手続きの手間はかかりますが、フレッツ光の解約金がかからないので光コラボ事業者への転用を1日でも早く行うことをおすすめします。

本記事のポイント

  • フレッツ光から光コラボへの転用・光コラボから光コラボへの事業者変更が可能
  • auひかり・NURO光などの他社回線から光コラボ事業者へ直接乗り換えが可能
  • おすすめ光コラボ事業者はスマホ料金の割引が適用される大手携帯電話会社

光コラボへの乗り換え方法は3種類

可愛い女性
まず、光コラボレーション事業者への乗り換え方法をそれぞれ確認していきましょう。

  • NTT東日本・NTT西日本のフレッツ光から光コラボ事業者への転用
  • 光コラボ事業者から光コラボ事業者への事業者変更
  • 他社回線から光コラボ事業者への乗り換え

大きく分けて上記の3種類の方法で光コラボへの乗り換えが可能です。フレッツ光から光コラボに切り替えることを転用、光コラボから光コラボへ切り替えることを事業者変更といいます。

従来、光コラボから光コラボへの事業者変更は不可能でしたが、2019年7月1日以降は光コラボから光コラボへの事業者変更も可能となりました。ソフトバンク光からドコモ光への事業者変更といったようなこともオンライン上で手続きできるようになりました。

■3種類の光回線切替方法の違約金の有無と工事手数料

変更パターン 違約金・工事料金
フレッツ光⇒光コラボ 違約金不要
新規工事手数料不要
光コラボ⇒光コラボ 違約金必要
※更新期間内だったら解約金なし
新規工事手数料不要
他社光回線⇒光コラボ 違約金必要
※更新期間内だったら解約金なし
新規工事手数料必要

光回線の大元であるフレッツ光から光コラボへの転用手続き(事業者変更)は、フレッツ光の「お客さまID」がそのまま継続できる上に解約手数料や再工事の手数料がかかりません。

契約中の光コラボから他社の光コラボに事業者変更する場合、各社の最低利用期間内に変更する場合、違約金・解約金が発生します。フレッツ光から光コラボ、光コラボから光コラボへの事業者変更はタイミングによっては解約金などが完全不要でお得に事業者変更できます。切り替え前に残っている工事費残債(未払い金)などは、切り替え後の会社に引き継げるケースもあります。

他社回線から光コラボ事業者への乗り換えは、フレッツ光回線の新規工事手数料15,000円〜が必ず発生します。光コラボから光コラボへの転用同様に、各社の光回線の契約内容・最低利用期間に応じた違約金・解約金が発生します。

■光コラボへの乗り換えが可能な主なインターネット回線

  • auひかり
  • NUROひかり
  • eo光
  • コミュファ光
  • メガエッグ光
  • ピカラ光
  • ソフトバンクエアー
  • WiMAX(ポケットWiFi・ホームルーター)

フレッツ光から光コラボへの転用方法

ノートと電卓
続いて、フレッツ光から光コラボへのスマートな転用方法を確認していきましょう。

大きく分けて3つの手順で転用を進めることができます。

スマホのナンバーポータビリティ(MNP)同様に契約者情報を準備した上で契約中のNTTで転用承諾番号を発行して、新規契約した光コラボ事業者での契約を進める流れとなります。

順に確認していきましょう。

必要書類の準備

フレッツ光の転用を進めるにあたって、フレッツ光のお客様ID、ひかり電話番号、契約者本人の電話番号、契約者氏名、メールアドレス、利用している住所、料金の支払い情報などが必要になります。

NTT東日本・NTT西日本で発行した転用承諾番号は、登録しているメールアドレスに届く仕組みになっています。

NTT東日本・NTT西日本での転用承諾番号発行

転用承諾番号の発行はオンラインもしくは電話で申し込むことが可能です。各社の公式サイトから転用手続きを進めて契約者情報などを入力することで11桁の英数字で構成されている、転用承諾番号が発行されます。

受付日を含む15日間が有効期限です。15日以内に光コラボの契約を完了させないといけません。

⇒⇒NTT東日本の光コラボへの転用手続きページ

⇒⇒NTT西日本の光コラボへの転用手続きページ

■電話で転用承諾番号を発行する時の連絡先

NTT東日本 NTT西日本
電話番号 0120-140202 0120-553-104
受付時間 9時~17時 9時~17時
定休日 年中無休(年末年始は除く) 年中無休(年末年始は除く)
通話料 無料 無料

光コラボ事業者での契約

ドコモ光、ソフトバンク光、So-net光など光コラボ事業者で契約手続きを進めてください。光コラボに申し込んだ日から2営業日以降を目安にフレッツ光の解約および光コラボでの転用が完了します。光コラボ事業者によって転用にかかる日数は異なります。転用完了までを15日間以内に終わらせないといけないので、転用承諾番号を発行したらすぐに光コラボの契約に進めるように事前に申し込む会社の比較をしておきましょう。

ポイント

光コラボから光コラボへの事業者変更で光コラボの切り替えを行うときは、フレッツ光からの転用と同様の手順で手続きできます。光コラボから光コラボは、事業者変更となるため有効期限15日間で11桁の「事業者変更承諾番号」が発行されます。

光コラボから光コラボへ事業者変更する時の注意点

続いて、光コラボから光コラボへ事業者変更するときの注意点を確認していきましょう。2019年7月1日以降、転用・事業者変更ルールが変わっているため光コラボ事業者間の変更もオンラインで簡単に行えるようになっています。

ただし、いくつか留意するべきポイントがあります。

契約中の光コラボの違約金・解約ルールを確認

フレッツ光から光コラボへの切り替えは、転用扱いになるためフレッツ光での違約金は発生しません。しかし、光コラボから光コラボへの事業者変更に関しては、各社が定める違約金・解約ルールが適用されます。光コラボから光コラボへの事業者変更は、原則、契約事務手数料の3,000円のみで切り替え可能ですが、中には工事費用や別途費用が発生するケースがあります。

契約中の光コラボの解約ルールと新規契約する光コラボの初期費用や最低利用期間・解約ルールなどを事前に確認した上で事業者変更手続きを行ってください。

フレッツ光転用の勧誘電話は契約内容を念入りに確認

筆者の実家は街の電器屋さんを経営しています。店舗と自宅でそれぞれフレッツ光回線を契約しています。

2019年7月以降、フレッツ光回線の転用ルールが変更になったため毎月、多くの光コラボ事業者から転用勧誘の電話がかかってきています。

実家を継いでいる兄に電話で聞いたところ、必ず「フレッツ光の料金が安くなります」という勧誘をしてきますが、追加で不要なオプションやサービスがついてきて結果的に料金が高くなってしまうケースが多いです。

店舗以外に自宅のインターネット回線向けにも勧誘の電話がかかってくるので、自宅にフレッツ光を引いている人も注意が必要です。光コラボから光コラボへの事業者変更も可能なので、光回線の勧誘電話が増え続けることが予想されます。

フレッツ光の転用申し込みページでも注意喚起を行っています。転用手続きを行ってしまっても、初期契約解除制度で8日以内なら解約料不要でフレッツ光の転用をキャンセルできます。

注意点

転用承諾番号の取得をNTT東日本・NTT西日本から連絡が来ることはありません。NTTフレッツをかたって光コラボへの転用や切り替えを勧誘する訪問営業、電話営業、勧誘メールに注意しましょう。

携帯電話会社が提供する光コラボがおすすめ

可愛い女性
500社以上の事業者が提供する光コラボの中でもおすすめなのが、ドコモ、ソフトバンク、auの携帯電話料金が契約するだけで家族全員安くなる携帯電話会社が提供する光コラボです。

auひかりは、KDDI独自の光回線を提供しているためフレッツ光からの転用は不可となっています。そのため、光コラボ乗り換えで月額料金を安くしつつauのスマホ料金も節約したいならauスマートバリューが適用されるSo-net光がおすすめです。

■おすすめ光コラボの特徴を比較

サービス名 月額料金 割引特典
ドコモ光 マンション4,000円
戸建て5,200円
20,000円キャッシュバック
dポイント5,000ポイントプレゼント
最新Wi-Fiルーターのレンタル永年無料
家族全員ドコモのスマホ料金を永年で毎月1,000円
ソフトバンク光 マンション3,800円
戸建て5,200円
最短2ヶ月後に最大33,000円のキャッシュバック
回線工事費が最大24,000円実質無料
おうち割光セット適用で家族全員のスマホが1,000円割引
So-net光 マンション2,980円
戸建て3,980円
auスマートバリューで家族全員auスマホの料金が1,000円割引
Wi-Fiルーターのレンタル費用が永年無料

ドコモユーザーならドコモ光、ソフトバンクユーザーならソフトバンク光、auユーザーならSo-net光がおすすめです。フレッツ光からの転用候補として活用してください。

下記記事で光コラボに乗り換えるメリットや各社の特徴をさらに詳しく解説しているので、あわせて確認してください!

おすすめ光コラボ

おすすめ光コラボの料金と割引特典を比較!メリットデメリット・選び方

2020年2月17日

まとめ

いかがだったでしょうか。光コラボへの転用方法と事業者変更時の注意点を解説しました。

フレッツ光の解約金などは発生せずに転用という形で光コラボへの乗り換えが可能です。立ち会いが発生する15,000円前後の工事費用などが発生するケースは少なく、初期事務手数料や2,000円の工事費用(立ち会いなしの切り替え手続き)などが発生します。

光コラボはプロバイダと回線利用料がセットになった事業者が多い上に割引キャンペーンやキャッシュバックキャンペーンを開催している事業者が数多くいます。あなたのライフスタイル目的や合った光コラボ事業者と契約して、月々の通信費用を安くしましょう!

最後に本記事の重要な情報をおさらいしましょう!

本記事のポイント

  • フレッツ光よりも実質月額料金が安くなる光コラボ事業者が大半
  • 光コラボ事業者と契約するだけでプロバイダもセットで契約できる
  • 光コラボ事業者によって割引キャンペーンやキャッシュバック特典が異なる

通信速度が安定していて安い光回線を見つけよう

おすすめ光回線の比較 光回線の見直しで通信費を安くできるって知ってましたか?

フレッツ光と同じ通信品質・速度で月額料金が安くなるドコモ光、ソフトバンク光などに乗り換えることでインターネット回線とスマホ料金をセットで安くする方法があります。既にフレッツ光を契約している人でも違約金不要でお得な光回線に乗り換えできるチャンスです!

最大10Gbpsの速度が出る最新の高速通信が利用できる上にお得なキャッシュバック特典や工事費用無料キャンペーンを活用して、月々の通信費を節約して家計の負担を軽減しましょう!光回線の最新キャンペーン情報もまとめています。今すぐチェック!