自宅で使う無制限のおすすめWi-Fi!損しないWi-Fiの選び方

自宅のおすすめWi-Fi

本記事では、自宅で使う無制限のおすすめWi-Fiの紹介と共にWi-Fiを自宅で契約するときに気をつけたいポイントなどを総合的に紹介していきます。

パソコン・電話も持っていなくてスマホのみでインターネットを利用するからWi-Fiは不要?……今使っているネット回線が遅いから困っている……引っ越しを機にWi-Fi環境を最新にアップグレードしたい……Wi-Fi環境などインターネットに疎いけど損せずに利用できるWi-Fiを契約したい……そのような悩みを持つ人向けにWi-Fiの上手な活用方法やライフスタイルに応じたWi-Fi環境の構築方法をご提案します。

本記事を参考に無制限でネットが利用できる自宅Wi-Fi環境を手に入れましょう!

本記事のポイント

  • ライフスタイルに応じてWi-Fi環境を構築するのが重要
  • 自宅にWi-Fiを引くことで月々のスマホ代金を大幅に削減できる
  • 無制限で利用できるWi-Fi環境なら光回線とWiMAXがおすすめ
  • 大家族で家が広いなら光回線、共働き2人夫婦ならWiMAXホームルーターでもOK
  • 自宅でWi-Fiを整備するなら自宅構造やネットを利用する部屋を考慮したルーター設置が重要

自宅で使えるWi-Fiの種類

まず、全体像を把握するために自宅で使えるWi-Fi回線の種類を整理しましょう。

  • 大家族全員で使える高速インターネットが魅力の光回線(ドコモ光、au光、ソフトバンク光など)
  • 工事不要・電源コンセントに差し込むだけ!ギガ放題で使える自宅据え置きタイプのWiMAX
  • 自宅以外に外出時にも持ち運びできるポケットWiFi(ドコモ、ソフトバンク、ワイモバイル、WiMAXなど)

大きく分けて上記の3種類のWi-Fiが自宅で利用できます。光回線、WiMAX、携帯電話会社のWi-Fiはいずれも回線契約とセットでインターネットに接続するために欠かせないルーターを購入・レンタルできます。

ドコモ、ソフトバンク、ワイモバイルのポケットWiFiは、携帯電話会社の電波を使用しています。WiMAXも同様にauグループ企業が手掛けるUQWiMAXの電波を使用しています。

ポケットWiFiはもっとも近い電波塔から電波を受信してインターネットに接続するのに対して、光回線は自宅まで光ファイバーケーブルが通っているので、通信速度の安定性と速度が早くなります。

ポイント

光回線・ポケットWiFi・WiMAXいずれもルーターを中継機として、スマホ・パソコン・ゲーム機・テレビなどをインターネットにWi-Fi接続することができるようになります。

自宅で使えるおすすめ無制限Wi-Fi3選

可愛い女性
続いて、自宅で使える無制限のおすすめWi-Fiを確認していきましょう。

WiMAXでも携帯電話会社で購入できるポケットWiFi端末を無料プレゼントしています。そのため、ここでは光回線・WiMAXの料金や速度・対応エリアなどを比較していきましょう。

光回線 WiMAX
月額料金 4,000円〜6,000円 3,000円〜4,500円
ルーター料金 月額0円〜300円前後 月額0円
通信速度 下り最大1Gbps〜2Gbps 下り最大440Mbps〜1.2Gbps
ギガ数 無制限で使い放題 無制限で使い放題
※3日間で10GB以上使うと、
翌日の18時〜26時まで1Mbpsの速度制限あり
外出時の持ち運び 不可
※ポケットWiFiのみ
初期費用 15,000円前後
※光回線工事が必要な住宅
3,000円
※事務手数料
開通期間 2週間〜1ヶ月前後 最短即日
工事・立ち会い 原則あり なし

時間がかかる、住宅タイプによっては工事があるので繁忙期だったら開通まで1ヶ月程度の時間がかかるデメリットがありますが、速度面や利用人数を踏まえると3人以上の家族なら光回線がおすすめです。

平日は仕事で夜はテレビだけ見る、土日はアクティブに夫婦で外出する、一人暮らしで自宅にほとんどいないなどの世帯ならWiMAXのホームルーター、もしくはポケットWiFiがおすすめです。

自宅にWi-Fiを引くなら用途やライフスタイルに合わせて光回線とWiMAXを比較してください。

ポイント

鉄筋コンクリート構造、Wi-Fiルーターの設置場所によっては自宅玄関、息子の部屋など特定の箇所でWi-Fiが繋がりづらくなることがあります。そのような時は家の隅々まで電波を届けることができるメッシュWi-Fiに対応しているルーターを購入しましょう。メッシュネットワークを構築することで、従来のWi-Fiルーターでは届きづらい部分にも確実に電波を届けることができます。ルーターの中継機を使うよりも負荷が分散されて通信速度が早くなる可能性が高いです。

光回線で無制限Wi-Fi

ドコモ光
NTTグループが提供するフレッツ光と同じ速度・同じ料金の光回線を提供しているドコモ光。光コラボ回線として事業を提供しており、NTT東日本・NTT西日本共に超高速インターネット回線を自宅Wi-Fiとして導入できます。

  • ドコモのスマホが家族全員毎月最大1,000円割引
  • 高性能Wi-Fiルーターを無料レンタル
  • v6プラスで光回線ファイバーを引ける住宅なら最大1Gbpsの高速通信が可能
  • 無制限でWi-Fiを使えるのでスマホ・パソコン・ゲーム機でどれだけギガを消費しても速度制限の心配なし
  • 15,000円の工事料金をドコモが完全負担してくれるから初期費用が安くなる

上記の特典を持っています。特にインターネットに精通した大手上場企業のGMOインターネットが提供する光回線という点がポイントです。GMOとくとくBBは、業界トップクラスのお得な割引特典と通信速度が早いプロバイダとして知名度が高いです。

筆者も家電量販店で複数社のプロバイダの中でどれが速度が早いか確認したところ、ドコモ光のスタッフからGMOとくとくBBをおすすめされたほどの実績を持ちます。

新規工事無料、20,000円キャッシュバック、最大5,000ポイントのdポイントプレゼント、v6プラス対応の高速Wi-Fiルーターがレンタル無料の特典がついている、今契約しましょう! 申込みが早いほど開通期間が短くなりますよ!

ホームルーターで無制限Wi-Fi

GMOとくとくBB
WiMAX各社から販売されているホームルータータイプが購入できるGMOとくとくBB。上記のドコモ光と同じプロバイダでWiMAX接続の安定性・お得なキャッシュバック特典などが盛り沢山です。

  • ホームルーター購入費用の19,200円を無料プレゼント
  • 自宅据え置きタイプの広いエリアの電波受信感度が高い最新機種のホームルーターが手に入る
  • 実質月額料金3,387円で快適なWi-Fi環境が自宅に構築できる
  • WiMAX契約で全員30,000円以上の高額キャッシュバック特典を受け取ることができる
  • 工事不要で最短即日発送で高速インターネットが無制限で利用できるホームルーターが自宅に届く

GMOとくとくBBのホームルーターは上記の特徴があります。プロバイダ実績20年以上の老舗インターネット企業なので、信頼性と価格の安さが大きな魅力です。

今なら誰でも受け取れる高額キャッシュバックと端末プレゼントで初期費用がお得になります。まずは公式サイトを確認してGMOとくとくBBのホームルーターの魅力を確認しましょう!

ポケットWiFiで無制限Wi-Fi

限界突破WiFi
ポケットWiFiタイプなら日本全国に店舗を構える格安ケータイ業界店舗数トップクラスのエックスモバイルの限界突破WiFiがおすすめです。クラウドSIMテクノロジーを搭載しているので、ドコモ・au・ソフトバンクのトリプルキャリアの回線が使い放題です。

どれだけ使っても速度制限がかからない上に最大8台の同時接続に対応しています。契約期間中は端末代0円で解約までずっと3,500円で利用できます。

ポケットWiFiは工事不要で電源を入れるだけで即座に自宅でも外出時でもWi-Fi接続ができます。細かい設定不要で国内のみならず海外で利用するレンタルWi-Fiとしても活用できます。

自宅でWi-Fi接続しつつ、休みの日は海外旅行に定期的に行く人も限界突破WiFiならお得に利用できます。まずは、最安値で契約できる公式サイトをチェックしましょう!

自宅のWi-Fi環境は回線種類とルーターが重要

自宅でおすすめのWi-Fi環境を確認して分かったと思いますが、Wi-Fi環境を構築するならインターネット回線の種類とルーター選びが重要です。

  • 3人以上の家族で速度を求めるなら光回線でWi-Fi環境を構築(速度に不満があるならメッシュWi-Fiなども検討)
  • 一人暮らしで月額料金を安くしたいならWiMAXでホームルーターを購入
  • 外出時もモバイルWi-Fiを持ち歩いて携帯電話料金も節約したい人はポケットWiFi

上記の点をしっかり理解して自宅にWi-Fi環境を構築しましょう。パソコンを使わないからスマホで十分と考えている人もドコモ光、au光、ソフトバンク光を契約すると月々の携帯料金の割引特典を受けることができます。さらにWi-Fi接続でギガ消費も削減できるので、契約プランの見直しでさらに月々の通信費を節約することも可能です。

自宅のWi-Fiを契約するときの注意点

可愛い女性
最後に自宅のWi-Fiを契約する時の注意点を順に確認して終わりにしましょう。

3人以上の家族で使うWi-FiならWiMAXは非推奨

WiMAXで契約できるホームルーターやポケットWiFiは下り最大速度440Mbps〜同時接続台数も10台前後となっており家族でも利用できるように感じます。

しかし、近くの電波塔の電波を受信して自宅で使うWi-Fiよりも光回線を引き込んでルーターを経由させる光回線だったら、圧倒的に速度と同時に複数人利用の安定性が異なります。また、自宅の構造によってはWiMAXの電波が届きづらいこともあります。

月々2,000円前後の節約を目的にしてWiMAXを契約したのは良いが、家族みんながネットを利用する18時〜24時頃にネット速度が遅くて繋がりづらい現象が起きる可能性があります。

引っ越しシーズンに光回線を契約するなら早めに申し込む

3月の引っ越しシーズンに光回線の契約を検討しているなら一日でも早く申し込みましょう。多くの人が工事を希望する時期なので、地域によっては開通まで1ヶ月以上の待ち時間が発生する可能性もあります。

また、既に光回線を契約していて引越し先も光を契約するなら他社に乗り換えることで工事料金無料などの特典や割引を受けることができます。

光回線方式の工事が難しい住宅は速度が遅くなる

住宅タイプによっては、光回線の速度を最大限活かせる光回線方式を採用することができずに、アナログ回線・ADSL回線方式で接続することになります。その場合、100Mbps程度の通信速度になってしまうので光回線の良さを打ち消すことになってしまいます。

光回線方式の工事が難しい場合、WiMAXのホームルーターも検討しましょう。WiMAXの電波が入りやすい住宅だったらWiMAXのほうが快適に使える可能性もあります。

⇒⇒自宅でおすすめのWi-Fi回線を確認する

まとめ

いかがだったでしょうか。自宅で使う無制限のおすすめWi-Fiなどを中心に損せずにWi-Fi環境を作る方法を紹介しました。

光回線、ポケットWiFi、WiMAXなど全てオンラインからお得にキャンペーンやキャッシュバック特典を活用して契約することができます。あなたのライフスタイルや生活環境に応じてもっとも適切なWi-Fiを契約しましょう!

最後に本記事の重要な情報をおさらいして終わりにしましょう!

本記事のポイント

  • 光回線とWiMAXのメリットデメリットを理解して適切なWi-Fiを選ぶ
  • 利便性や料金の安さを重視するならWiMAX、インターネット回線速度を重視するなら光回線
  • 一人暮らしならポケットWiFiの契約でも自宅固定回線として代用できる