WiMAXガイド!プロバイダとルーターの正しい選び方【2020年最新】

WiMAX

本記事では、WiMAXを安く使う方法を紹介していきます。WiMAXを選ぶ上で重視するべきポイントは、プロバイダとWiMAXルーターを正しく選ぶことです。

初めてWiMAXを契約する人向けの総合ガイドとして紹介していくので、WiMAXを新規契約する人は参考にしてください。WiMAX利用歴8年以上、過去に4社以上で契約した実績を持つWiMAX愛好家の筆者がWiMAXの基礎知識、プロバイダ比較、WiMAXルーターの人気機種を順に紹介していきます。

本記事の重要ポイント
  • auグループ企業のUQWiMAXが提供するWiMAX 2+回線を全社が提供している
  • WiMAXはどこで契約しても速度・ルーターは統一されている。キャンペーン・キャッシュバックを加味した実質月額料金で比較するべし
  • WiMAXの料金プランは7GBプランと無制限のギガ放題プランの2種類のみ
  • GMOとくとくBB、So-net、BIGLOBEなどがWiMAXプロバイダとしてサービスを提供している
  • WiMAXを契約すればプロバイダも自動手続き可能

WiMAXの特徴

可愛い女性
WiMAXは、UQコミュニケーションズが提供するUQ WiMAXを大元としてBIGLOBE、GMOインターネット、So-netなどの知名度が高いプロバイダがサービスを提供しています。また、UQWiMAXの代理店としてカシモ、Broad WiMAXなどもWiMAX回線(プロバイダ契約込み)を提供しています。

■WiMAXの特徴

  • 工事不要でルーター(モバイルルーター・ホームルーター)が届いた日からすぐにネットが使える
  • 無制限で使えるギガ放題プランが圧倒的にお得
  • UQWiMAX、WiMAXプロバイダ、UQ代理店の全てが同じ速度・同じ品質のWiMAX 2+回線を利用している
  • 各社で販売しているWiMAXルーターは全て統一されている

上記の特徴を持ちます。WiMAXは、契約する会社によって通信速度や購入できる機種が異なることはありません。UQ代理店・プロバイダ含めて全社統一のサービスを提供しています。

そのため、WiMAXの契約で比較するべきポイントは割引特典を適用した状態で契約中にかかる実質月額料金のみです。

ポイント

WiMAXは、月々の料金が割引される月額割引や高額キャッシュバックを提供している会社が多いです。契約期間中トータルでの出費を減らすなら実質月額料金を重視してください。

WiMAXの利用料金

WiMAXの利用料金はWiMAXプロバイダの割引特典などで異なります。各社に共通している点として利用期間が長くなればなるほど月額料金が高くなる仕組みになっています。

そのため、初月0円でWiMAX使い放題!、3ヶ月間はずっと2,000円割引などの割引特典だけを見ず、契約期間中の料金を月平均にしたときにもっとも安い料金体系になるWiMAXプロバイダを選ぶのが重要です。

■WiMAXプロバイダの平均的な料金体系(7GBプランとギガ放題プランの2種類のみ提供)

  1. 7GBプラン……2,800円〜3,500円の実質月額料金で利用できる
  2. ギガ放題プラン……3,300円〜4,000円の実質月額料金で利用できる

上記の通りとなっています。各社のキャンペーンや割引などで実質月額料金は異なります。あなたがWiMAXを契約するタイミングでもっとも安い料金体系になるプロバイダを選択するのが賢い選択です。

下記記事でUQWiMAX、UQ代理店、WiMAXプロバイダで人気がある主要サービス各社の実質月額料金・特徴・キャンペーンを比較しています。安いWiMAXを探している人は確認しましょう!

WiMAXのキャンペーン

WiMAXの最新キャンペーン比較!キャッシュバック・月額割引

2020年1月31日

下記記事でWiMAXにかかる全ての料金と安く使う方法を詳しく紹介しているので、あわせて読んでください。

WiMAXの料金

WiMAX契約でかかる料金を完全解説!月額料金・初期費用・端末費用

2020年1月31日

WiMAXの最低利用期間

WiMAXの最低利用期間(契約期間)は、1年〜3年に設定されています。

契約期間によって特徴が異なるので下記で比較してください。

  • 1年契約……12ヶ月以内の解約で違約金1,000円、13ヶ月目以降で解約金0円。ただし、端末料金が請求&月額料金が高く設定されている
  • 3年契約……36ヶ月以内の解約で9,500円〜19,000円の違約金、更新月のみ解約金0円。端末無料&割引・高額キャッシュバックが適用される

大きく分けると最低利用期間によって上記の通り特徴が異なります。WiMAXの機種は1年に1回〜2回発表されますが、新機種で大きく操作性や速度が変わることはありません。そのため、大半のプロバイダが提供する3年契約を利用するのがWiMAX料金を安くする秘訣です。

下記記事でWiMAXの解約ルール・解約金・解約条件などを詳しく紹介しているので、あわせて読んでください。

WiMAXの解約

WiMAXの解約ガイド!違約金なし・タイミング・最低利用期間

2020年1月31日

WiMAXの速度・速度制限の条件

続いて、WiMAXを利用する上で気になる速度について確認していきましょう。

上述していますが、WiMAX回線を提供するプロバイダ・代理店は全社、UQWiMAXと同一の高速回線を利用できます。格安SIMのように大元のキャリア回線より遅くなることはありません。

WiMAXの通信速度は、利用する機種によって異なり、最新機種では下り最大速度440Mbps〜1.2Gbpsといった形でギガビット通信に対応している機種があります。いずれの最新機種を選んでも下り最大440Mbpsは期待できるので、日常使いで支障をきたすことはありません。事実、筆者は8年以上WiMAXを利用していますが、ストリーミング動画視聴・ネット検索・SNSなどの日常利用で速度面でWiMAXにストレスを感じた経験はありません。

■7GBプランとギガ放題プランの速度

7GBプランとギガ放題プランの速度は同じです。ただし、速度制限になる条件が異なります。

  • 7GBプラン……月間の使用量が7GBを超えた時点で月末まで128Kbpsの速度制限がかかる
  • ギガ放題プラン……月間のギガ使用量に制限無しで使い放題。ただし、3日間で10GB以上使った場合、翌日の18時〜26時の8時間、1Mbpsの速度制限がかかる

上記の通りとなっています。ギガ放題プランの方が圧倒的にお得です。また、3日間で10GBの速度制限は、標準画質のYouTube動画を約47時間視聴することで消費できるギガ数です。仕事や上司・同僚との付き合いでネット利用時間に制限がかかる社会人だったら、ギガ放題の速度制限は全く気にしなくて良いレベルです。筆者もギガ放題を使っていて速度制限にかかったことはありません。

注意点

ギガ放題プランで無制限に使えるのはWiMAX 2+回線のハイスピードモードのみです。LTEオプション対象機器で使えるハイスピードプラスエリアモード(auの電波を使用するので月額1,005円の追加料金が継続的に発生)を使うと、ギガ放題でも月間7GB以上使うと月末まで128Kbpsの速度制限がかかってしまうので、使わないのがベストです。

下記記事でWiMAXの無制限プランの特徴や利用する上で注意するべきポイントをまとめているので、あわせて読んでください。

WiMAXの無制限

WiMAXの無制限プランの特徴!速度・料金・速度制限

2020年1月31日

WiMAXルーターの選び方

WiMAXルーターは、全社共通で2種類の用途で利用できる機種が発売されています。いずれの機種も工事不要で届いたその日から高速インターネット通信が可能です。

  • モバイルルーター……持ち運びできるポケットサイズのルーター。ドコモ、ソフトバンク、ワイモバイルで販売しているポケットWiFiと同様の性能を持つ
  • ホームルーター……自宅据え置きタイプのルーター。LANケーブル接続可能、モバイルルーターよりも屋内での電波受信感度が高い

2019年〜2020年発売の最新WiMAXルーターの主な特徴を一覧表で確認してください。

機種名 特徴
Speed Wi-Fi
NEXT WX06(モバイル)
2020年発売のNEC製の最新機種。下り最大440Mbpsの超高速通信とWiMAXルーター初のWi-Fi2.4GHz・5GHzが同時利用可能。
Speed Wi-Fi
NEXT W06(モバイル)
HUAWEI製で下り最大1.2Gbpsの高速通信対応、高性能ハイモードアンテナ搭載で屋内でも電波受信感度が高い。
WiMAX HOME 02
(ホーム)
NEC製で下り最大440Mbps、前機種と比較すると電波を拾えるエリアが25%アップして40%軽量化
Speed Wi-Fi
HOME L02(ホーム)
下り最大1.0Gbpsで繋がりやすさに定評があるHUAWEI機種

WiMAXルーターは、軽量・スピードが特徴のHUAWEI製、充電性能・スピード・使い勝手などのバランスが良いNEC製の2種類が販売されています。速度を重視するならHUAWEI製のWiMAXルーターがおすすめです。

下記記事でWiMAXルーターの特徴を詳しく比較しています。あわせて読んでください。

WiMAXルーター

WiMAXルーターの比較ガイド!端末料金・通信速度【2020年最新】

2020年1月31日

⇒⇒最新WiMAXルーターの比較ガイド

WiMAXプロバイダの選び方

料金が安いおすすめWiMAXプロバイダは下記の通りです。

下記の人気WiMAXプロバイダは、端末代が無料です。初回にかかる初期費用は、事務手数料3,000円のみでお得にWiMAXを始めることができます。

  1. GMOとくとくBB……キャッシュバックと月額割引の2種類のプランを提供。実質月額が業界トップクラスで安い老舗プロバイダ
  2. Broad WiMAX……クレカ払い、オプション加入で初期費用18,857円が無料。実質月額も安い上に他社で発生する違約金を最大19,000円負担してくれる
  3. カシモWiMAX……月々の支払料金が安い月額割引プランが特徴もWiMAX代理店。トータル費用よりも月々の支払いを安くすることを重視する人におすすめ
  4. Dti WiMAX……端末代無料で実質月額が安い安定性がある定番WiMAXプロバイダ

下記記事であなたにぴったりの実質月額料金が安いWiMAXプロバイダを確認できます。チェックしてください!

おすすめWiMAX

WiMAXのおすすめプロバイダ8選!料金比較・人気機種【2020年8月】

2020年1月31日

まとめ

いかがだったでしょうか。WiMAXを安く使うために欠かせない重要なポイントを紹介しました。初めてWiMAXを使う人は利便性の高さと簡単にインターネット接続できる点に感動すると思います。

自宅や外出時もWiMAXを利用すれば、スマホの通信費節約・自宅に光回線をひく工事も不要です。新たに一人暮らしを始める人は自宅・外出時も高速インターネットが使えるWiMAXを購入しましょう!

最後に本記事の重要ポイントをおさらいしましょう!

本記事の重要ポイント
  • 安いWiMAXを使いたいならWiMAXプロバイダの割引キャンペーン・キャッシュバックを活用
  • 店舗契約よりもネット契約のほうが安くなるケースが多い
  • GMOとくとくBBやBroad WiMAXで契約すると安く済む

月額料金が安いWiMAXを見つけよう

おすすめWiMAX WiMAXプロバイダ選びで3万円以上損する可能性があります!

WiMAXを契約できる会社は全て通信回線・通信速度・販売端末が共通化しています。そのため、WiMAXを契約する会社を選ぶ時は割引やキャッシュバックなどを加味した実質月額料金が安いプロバイダで契約するのが通信費を節約するコツです。

1.0Gbpsの高速通信が可能な最新端末も無料で購入できるWiMAXプロバイダを見つけてください!最新キャンペーン情報もまとめています。