【2020年最新】おすすめのポケットWiFiを完全比較!

おすすめのポケットWiFi

自宅や外出先で手軽にインターネット接続ができるポケットWiFi

カフェやファミレス、駅構内などで公衆Wi-Fiが普及していますが、ポケットWiFiはいつでもどこでも高速通信可能なネット環境が作れる点で大きなメリットを持っています。

最近では光回線並みの速さが出るポケットWiFiも販売されており、ポケットWiFiを1つ持っておけば、かなり便利にインターネットが使えるようになっています。

本記事では複数あるポケットWiFiを徹底的に比較し、最もおすすめのポケットWiFiを紹介していきます。

ポケットWiFiとは

Speed Wi-Fi NEXT W06

ポケットWiFiは、ドコモやauなどが提供するモバイル回線に接続できる小型の無線LAN機器(モバイルルーター)のこと。

5インチスマホほどの持ち運び可能なサイズで、スマホでネットが使える環境であればどこでもインターネットに接続できます。

光回線と比べてポケットWiFiの使い方は簡単で、購入したポケットWiFiの電源をオンにし、Wi-Fiネットワークのパスワードを入力するだけ。工事やケーブルなどは一切不要です。

全国実人口カバー率99%とエリアカバー率も高く、基本的にどのエリアでも通信可能。県外でも繋がらないことはほとんどありません。

また海外で使えるWi-Fiレンタルもあるので、海外旅行や海外出張でも快適に使えます。

ポケットWiFiはドコモ、au、ソフトバンク、ワイモバイル、WiMAXの5社が販売しており、この5社の中から自分に合ったポケットWiFiを選べばOK

ここからはポケットWiFi5社について詳しく紹介していきます!

おすすめのポケットWiFi5社を完全比較

ポケットWiFiを販売するドコモ、au、ソフトバンク、ワイモバイル、WiMAXについて、月額料金と利用可能なデータ容量、通信速度、速度制限の有無について比較しました。

月額料金 利用可能な
データ容量
通信速度 速度制限時
の速度
WiMAX 3,609円〜 無制限 最大1237Mbps 最大1Mbps
ドコモ 6,980円〜 最大30GB 最大1288Mbps 最大1Mbps
au 4,292円〜 無制限 最大558Mbps
※オプション追加で
最大1237Mbps
最大1Mbps
ソフトバンク 6,480円〜 最大50GB 最大988Mbps 最大128Kbps
ワイモバイル 4,380円〜 無制限 最大988Gbps 最大1Mbps

上記表から5社と比較すると、データ無制限に利用でき、最大1.2Gbpsの超高速通信が可能でありながら、月額3,000円台〜利用できるのはWiMAXのみです。

安い料金でポケットWiFiを使うならWiMAXで間違いありません。

WiMAX

  • 月額料金が一番安い
  • データ容量無制限で高速通信が可能
  • 端末代金が無料
  • モバイルルーターの種類が豊富

WiMAXは、KDDIグループのUQコミュニケーションズ社が提供するWiMAX2+回線を使ったポケットWiFi。

本家であるUQ WiMAXを筆頭に、GMOとくとくBBやBroad WiMAXなど複数社のプロバイダが存在しており、その中から好みのプロバイダと契約する仕組みとなっています。

月額料金が圧倒的に安く、モバイルルーターの端末代金が無料、データ無制限で使い放題といったメリットが多く、ネット注文で最短翌日届くため利便性が高いのもWiMAXの特徴です。

WiMAXを提供する主なプロバイダは、

  • GMOとくとくBB
  • Broad WiMAX
  • BIGLOBEWiMAX
  • カシモWiMAX
  • DTI WiMAX

などがあり、月額料金や通信速度などは基本的に違いはありません。

しかし、割引サービスやキャッシュバックなどのキャンペーンがプロバイダによって大きく異なるため、WiMAXを選ぶときは注意が必要です!

▼ 各社WiMAXプロバイダの最新キャンペーンは下記記事をチェック!

WiMAXのキャンペーン

WiMAXの最新キャンペーン比較!キャッシュバック・月額割引

2020年1月31日

最もおすすめのポケットWiFi(WiMAXプロバイダ)

GMOとくとくBB

最もおすすめのポケットWiFi(プロバイダ)は、GMOとくとくBBです。

GMOとくとくBBはキャッシュバック金額がどのプロバイダよりも高く設定されており、お得に購入できます。

約20,000円ほどの端末代が無料全国どこでも送料無料となっており、初期費用を抑えられる点もGMOとくとくBBの魅力。

最大1.2Gbps対応の最新端末も取り扱っており、動画やゲームもサクサク快適に利用可能です。

最短即日発送が可能で、今申し込めば明日・明後日には自宅に届きます!

WiMAXの中でも一番お得なキャッシュバックキャンペーンを開催中!今すぐ公式サイトをチェック!

プロバイダ名 GMOとくとくBB
端末代 無料
月額料金 ギガ放題プラン(無制限) 3,609円〜
7GBプラン 3,609円〜
取り扱い端末 Speed Wi-Fi NEXT W06、Speed Wi-Fi NEXT WX06
契約期間 3年

▼ GMOとくとくBBの詳細は下記記事をチェック

GMOとくとくBB

GMOとくとくBBのキャッシュバック特典!申込方法・受け取り方

2020年1月31日

ワイモバイル

Y!mobile
  • 7GBプランと無制限プランが選べる
  • 月額4,380円(月額684円のアドバンスオプション加入が条件)でデータ使い放題
  • 解約金・契約期間なし

ワイモバイルが提供するポケットWiFiは、毎月7GB使えるプランと無制限プランの2種類を用意しています。

7GBプランなら月額3,696円、無制限プランなら4,380円で利用できます。無制限プランはアドバンスオプション加入が条件なので、注意してください。

通信速度は最大988Mbpsで、高速データ通信が可能。端末代がかかりますが、解約金・契約期間がないので気軽に使えます。

サービス名 ワイモバイル
端末代 10,800円前後
※端末によって異なる
月額料金 Pocket WiFiプラン2(ベーシック)
7GB 3,696円
上限なし 4,380円
取り扱い端末 Pocket WiFi 803ZT、Pocket WiFi 801HW、Pocket WiFi 603HW
契約期間 なし

▼ ワイモバイルポケットWiFiの詳細は下記記事をチェック

ワイモバイルのポケットWiFi

ワイモバイルのポケットWiFiの料金・申込方法!無制限で使える?

2020年1月31日

au

au
  • WiMAXと同じ回線を使用
  • 月額4,292円〜、データ無制限で使い放題
  • 最大1.2Gbpsの高速通信(au 4G LTE回線)は、オプション利用料1,005円

auが提供するポケットWiFiは、WiMAXと同じWiMAX2+回線を使用しており、安定した高速通信が利用できます。

料金プランはデータ無制限プランのみで、月額4,292円で利用可能。最大1.2Gbpsの高速通信(au 4G LTE回線)を利用する場合は、1,005円追加料金がかかります。

基本、2年契約・自動更新となっており、auショップ店頭のみの契約となります。

サービス名 au
端末代 端末によって異なる
月額料金 モバイルルータープラン
定期契約あり: 4,292円
定期契約なし: 4,462円
※ハイスピードプラスエリアモード +1,005円
取り扱い端末 Speed Wi-Fi NEXT WX05、Speed Wi-Fi NEXT W06、Speed Wi-Fi NEXT W05
契約期間 2年

▼ auポケットWiFiの詳細は下記記事をチェック

auのポケットWiFi

auポケットWiFiは損するかも!安い料金・無制限で使えるポケットWiFiは?

2020年1月31日

docomo

docomo
  • 最大1288Mbpsで超高速通信が可能
  • データ容量は最大30GBで、無制限プランはない
  • ドコモユーザーなら月額1,000円で使える

ドコモが提供するポケットWiFiは、ドコモ回線(LTEとPREMIUM 4G)を使った超高速通信が利用できるため、インターネットが安定・快適です。

無制限プランはなく、最大30GBまでであることが弱点。料金プランは従量課金のギガライト(毎月1〜7GBまで)と、定額のギガホ(毎月30GB)の2種類を用意しており、ギガホなら月額6,980円〜。

ドコモユーザーなら契約中のスマホ料金に毎月1,000円払えば、ポケットWiFiとデータ容量をシェアできます。

基本、2年契約・自動更新となっており、ドコモショップとオンラインショップで契約可能です。

サービス名 docomo
端末代 27,000円前後
※ルーター端末によって異なる
月額料金 ギガホ(30GB): 6,980円
ギガライト(1~7GB): 2,980円〜5,980円
データプラス: 1,000円(ドコモ契約者のみ)
取り扱い端末 Wi-Fi STATION SH-05L、Wi-Fi STATION HW-01L、Wi-Fi STATION N-01J
契約期間 2年

▼ ドコモポケットWiFiの詳細は下記記事をチェック

ドコモのポケットWiFi

ドコモのポケットWiFiを契約するときは要注意!低料金・無制限のポケットWiFiは?

2020年1月31日

ソフトバンク

SoftBank
  • データ容量は最大50GBで、無制限プランはない
  • ソフトバンクユーザーなら月額980円で使える
  • 解約金・契約期間なし

ソフトバンクが提供するポケットWiFiは、ソフトバンク回線を使用しており、安定した高速通信が利用できます。

無制限プランはありませんが、ウルトラギガモンスター+forデータを契約すれば月額6,480円〜、最大50GBのデータ容量が付いています。

ソフトバンクユーザーなら、契約中のスマホ料金+毎月980円払えばデータシェアが可能で、お得にポケットWiFiが使えます。

サービス名 ソフトバンク
端末代 27,000円
月額料金 ウルトラギガモンスター+forデータ(50GB): 6,480円〜
ミニモンスター+forデータ(1〜50GB): 2,980円〜7,480円
データシェアプラン: 980円(ソフトバンク契約者のみ)
取り扱い端末 Pocket WiFi 802ZT
契約期間 なし

▼ ソフトバンクポケットWiFiの詳細は下記記事をチェック

ソフトバンクのポケットWiFi

ソフトバンクのポケットWiFiを購入するデメリット!料金や通信制限に注意

2020年1月31日

ポケットWiFiの選び方

ポケットWiFiは上記で紹介した5社が提供していますが、どのポケットWiFiが良いのか、自分と相性の良いポケットWiFiは人によって異なります。

自分と相性の良いポケットWiFiを見つけるには、購入する際に重要視するポイントを見極めることが大切です。

ここでは以下のように、ポケットWiFiを選ぶポイント5つを紹介します。

例えば通信速度を重要視する場合は「①通信速度」をチェック、通信速度と月額料金を重要視する場合は「①通信速度」と「②月額料金」をチェックして総合的に優れたポケットWiFiを選びましょう!

通信速度

通信速度
WiMAX 最大1237Mbps
※au 4G LTE回線利用時
ドコモ 最大1288Mbps
au 最大1237Mbps
※au 4G LTE回線利用時
ソフトバンク 最大988Mbps
ワイモバイル 最大988Mbps

※上記表の数値はあくまでもベストエフォート値であり、通信エリアや時間帯によって速度は変化します。

上記表を見ると、ドコモの通信速度が最速で、2番目がWiMAXとau、その次がソフトバンクとワイモバイルですが、体感は正直ほとんど変わりません。

どのポケットWiFiも高速通信なので、長時間の動画や映画、高負荷なゲームも快適に使えます。

そのため、月額料金や利用可能なデータ容量、通信制限の条件などでポケットWiFiを選ぶのがおすすめです!

注意点ここで注意しておきたいのが、WiMAXとauのau 4G LTE回線を使った最大1237Mbpsの高速通信です。au 4G LTE回線はデータ利用量が月間7GBを超えると自動的にWiMAX2+回線になるため、1Gbps以上のハイスピード通信が利用できるのは上限があることを理解しておきましょう。

月額料金

月額料金は各社で大きく異なり、1年目と2年目でも料金が変わってくるので、長期的な視点で見ることが大切。

また月額割引やキャッシュバック、端末代なども各社で異なるため、総額で実質どれくらいの費用がかかるのかをチェックすることがとても重要です。

以下の料金表では、各ポケットWiFiの月額料金と2年間の実質月額料金、実質総額費用をまとめました。WiMAXに関してはGMOとくとくBBを代表として記載しています。

GMOとくとくBB ドコモ au ソフトバンク ワイモバイル
契約プラン ギガ放題 ギガホ モバイルルータープラン
+au 4G LTEオプション
ウルトラギガモンスター+
forデータ
Pocket WiFiプラン2
(ペーシック)
1ヶ月目〜2ヶ月目 3,609円 5,980円 5,297円 6,480円 4,380円
3ヶ月目〜6ヶ月目 4,263円 5,980円 5,297円 6,480円 4,380円
7ヶ月目〜12ヶ月目 4,263円 6,980円 5,297円 6,480円 4,380円
13ヶ月目〜24ヶ月目 4,263円 6,980円 5,297円 7,480円 4,380円
2年間の実質月額料金 2,771円 7,855円 約6,125円 8,105円 4,830円
2年間の実質総額費用 66,504円 188,520円 約147,000円 19,4520円 115,920円

※「2年間の実質総額費用」は、24ヶ月間の月額料金・割引・キャッシュバック・端末代の合計金額

注目すべきは、毎月の料金ではなく「2年間の実質月額料金」と「2年間の実質総額費用」です。

GMOとくとくBBは30,000円以上のキャッシュバックがあり、端末代金が無料になるので、他社と比較して実質の総額費用が安く、圧倒的にお得です!

ドコモとソフトバンクは-1,000円の月額割引が適用されますが、それぞれ6ヶ月と12ヶ月間の期間限定割引となっており、あまり大きな割引にはなりません。

またGMOとくとくBB以外は約10,000円〜30,000円ほど端末代がかかり、実質の総額費用が高くなります。

そのため、コストを抑えたい人はGMOとくとくBBのWiMAXがおすすめです。

利用可能なデータ容量

利用可能なデータ容量も各社で異なるので、動画や映画、ゲームなど大容量データを利用したい人は、確認しておきましょう。

利用可能なデータ容量
WiMAX 7GBもしくは無制限
ドコモ 最大30GB
au 無制限
ソフトバンク 最大50GB
ワイモバイル 7GBもしくは無制限

以上のように、データ容量を気にすることなく無制限に利用できるのはWiMAXとau、ワイモバイルの3社です。

ソフトバンクについてはウルトラギガモンスター+forデータを契約すると、最大50GBの十分なデータ容量が使えますが、無制限ではありません。(動画やSNSが使い放題のサービスは対象外)

そのため、データ無制限で快適にインターネットを使いたいならWiMAXかau、ワイモバイルの中から選びましょう。

▼ 無制限のポケットWiFiを詳しく知りたい方は下記記事をチェック!

無制限のポケットWiFi

無制限に使えるポケットWiFi徹底比較!安い・速い・通信制限なし

2020年1月31日

通信制限の条件

ポケットWiFiではどの会社も、ある一定のデータ容量を超えると通信制限がかかるような仕組みになっています。

通信制限がかかると、動画やゲーム、ブラウザなどインターネット接続する作業が困難になり、使い勝手が悪くなります。

各社で通信制限の条件と通信制限時の速度が異なるので、確認しておきましょう。

通信制限の条件 通信制限時の速度 通信制限の期間
WiMAX 直近3日で10GB以上使用 最大1Mbps 翌日18時〜翌々日2時まで
ドコモ 利用可能データ量超過 最大1Mbps 当月末まで
au 直近3日で10GB以上使用 最大1Mbps 翌日18時〜翌々日2時まで
ソフトバンク 利用可能データ量超過 最大128Kbps 当月末まで
ワイモバイル 直近3日で10GB以上使用 最大1Mbps 翌日18時〜翌々日1時まで

データ無制限プランを提供するWiMAX、au、ワイモバイルの通信制限は同じ条件です。

一方でドコモとソフトバンクは、利用可能データ量を超過すると速度制限がかかり、月末まで低速で利用することになります。

契約のしやすさ

契約のしやすさにおいても、ポケットWiFiを選ぶ際の指標となります。

各社の契約方法をまとめたので、以下の表で確認してみましょう。

ネット契約 店頭契約
WiMAX ×
ドコモ
au ×
ソフトバンク ×
ワイモバイル

ネット契約の場合、24時間いつでも申込可能で、本人確認書類の画像をアップロードするだけでOK。申込書に書く必要がなく、自分の都合に合わせて契約できるので便利です。

店頭契約の場合、営業時間内に店舗へ足を運ぶ必要がありますが、契約すれば即日端末を受け取れ、すぐに利用可能です。

どちらも一長一短の側面がありますが、待ち時間なく手軽に契約するならネット契約可能なWiMAXやドコモ、ワイモバイルがおすすめ!

特に、WiMAXなら最短即日発送が可能で、早ければ次の日には届くので、急ぎの場合でも安心して契約できます。

ポケットWiFi5社のメリット・デメリット

ポケットWiFi5社のメリット・デメリットをまとめました。

メリット デメリット
WiMAX
  • 月額料金が最も安い
  • 割引やキャッシュバックが多い
  • 端末代が無料
  • 契約期間が3年
  • 解約金がかかる
ドコモ
  • ドコモユーザーなら安い
  • 解約金が安い
  • 月額料金が高い
  • 無制限プランがない
  • 契約期間が2年
  • 端末代がかかる
au
  • 無制限プランがある
  • 解約金が安い
  • au 4G LTEが有料
  • 契約期間が2年
  • 端末代がかかる
ソフトバンク
  • ソフトバンクユーザーなら安い
  • 契約期間・解約金がない
  • 通信制限時の速度が遅い
  • 月額料金が高い
  • 端末代がかかる
ワイモバイル
  • 無制限プランがある
  • 契約期間・解約金がない
  • 月額料金がやや高め
  • 端末代がかかる

【最新版】おすすめモバイルルーターを比較

販売するモバイルルーターは各社で異なり、モバイルルーターの端末によって速度や重量、連続通信時間などスペックが異なります。

そのため、モバイルルーターでポケットWiFiを選ぶことも大切。

以下の表では、各社で発売された最新のモバイルルーターのスペックを比較してみました。

Speed Wi-Fi NEXT W06 Wi-Fi STATION SH-05L Pocket WiFi 803ZT
販売店 WiMAX
(GMOとくとくBBなど)
ドコモ ワイモバイル
通信速度 下り最大1237Mbps 下り最大988Mbps 下り最大988Mbps
重量 約125g 約150g 約153g
バッテリー容量 3000mAh 4000mAh 3000mAh
連続通信時間 約9時間 約15時間 約12時間
接続可能台数 最大16台 最大11台 最大16台
カラー ホワイトシルバー
ブラックブルー
ブラック シルバー
端末代 0円 27,720円 10,800円

それぞれの特徴を見ると、Speed Wi-Fi NEXT W06は通信速度が速く、端末が軽く、端末代が無料といった特徴を持っています。

Wi-Fi STATION SH-05Lは、バッテリーが大容量で電池長持ちといった特徴があり、Pocket WiFi 803ZTは、十分快適に使えるスペックを持ち合わせています。

料金の安さや速度を重視するなら、WiMAXの「Speed Wi-Fi NEXT W06」がおすすめ。バッテリーを重視するならドコモの「Wi-Fi STATION SH-05L」です。

▼ モバイルルーターの選び方や各種比較は下記記事で紹介中!

WiMAXルーター

WiMAXルーターの比較ガイド!端末料金・通信速度【2020年最新】

2020年1月31日

まとめ

いかがでしたでしょうか。本記事では最新版のおすすめポケットWiFiを紹介しました。

インターネット接続が手軽にできるポケットWiFiは各社それぞれメリットデメリットがあり、どれを選択するか迷いやすいですが、重要なのは「どこを重要視するか」です。

本記事でも伝えていますが、料金・速度・契約のしやすさなど総合的に判断すると「WiMAX」が一番です。

まだどれにするか迷っているならWiMAXを選べば間違いありません!

WiMAXの中でも「GMOとくとくBB」がお得なので、ぜひ公式サイトをチェックしてみてくださいね。