ソフトバンクのポケットWiFiを購入するデメリット!料金や通信制限に注意

ソフトバンクのポケットWiFi

どこでも手軽にインターネットが使えるポケットWiFiはソフトバンクでも販売されています。

ソフトバンクユーザーだからと、新たに「ソフトバンクでポケットWiFiを契約しよう」と考えていませんか?

ソフトバンクのポケットWiFiは高速通信が可能で、電池長持ちといったメリットもありますが、それ以上にデメリットが多いためおすすめしません

本記事ではソフトバンクで契約できるポケットWiFiの種類と特徴、月額料金、デメリットに加え、ソフトバンクのポケットWiFiに替わるソフトバンク回線のおすすめポケットWiFiを紹介します。

本記事のまとめ

  • ソフトバンクのポケットWiFiは「Pocket WiFi 802ZT」の1種類
  • 解約金や契約期間がないが、月額料金が高くデータ無制限プランがない
  • ソフトバンク回線が使える、料金の安いポケットWiFiもある!
  • ソフトバンク回線にこだわらないなら、最もおすすめは「GMOとくとくBB」だ!

ソフトバンクで契約できるポケットWiFi

Pocket WiFi 802ZT

現在ソフトバンクで契約できるポケットWiFiは「Pocket WiFi 802ZT」の1種類のみです。

Pocket WiFi 802ZTは下り最大988Mbpsの高速通信が可能になった最新モバイルルーターで、3000mAhの大容量バッテリーが内蔵されているため約12時間の電池持ちの良さが大きな特徴です。

QRコードによる接続が可能で、スマホやタブレットなどのカメラでQRコードを読み取ればすぐにネットに繋がります。

最大16台まで同時接続可能で、スマホやタブレット、パソコン、ゲーム機など接続可能な端末であれば、同時にネットが使い放題です。

モバイルルーター名 Pocket WiFi 802ZT
重量 約153g
通信速度 下り最大988Mbps
バッテリー 3,000mAh
連続通信時間 約12時間
接続可能台数 最大16台
端末代金 27,000円

参考URL Pocket WiFi 802ZT

安定したソフトバンク回線が使える

ソフトバンクのポケットWiFiは、高速通信に対応したソフトバンク回線であるSoftBank 4G LTESoftBank 4Gの2回線が使えるため、高速かつ安定した速度でインターネットが利用できます。

SoftBank 4G LTEとSoftBank 4Gのエリアカバー率は高く、全国実人口カバー率は99%、より高速なデータ通信が可能なSoftBank 4Gにおいては全国政令指定都市実人口カバー率100%。

広いエリアで快適にインターネットが利用でき、圏外になったり繋がらないといったトラブルはほとんど起きません。

解約金・契約期間がない

ソフトバンクでポケットWiFiを契約すると、解約金無料で契約期間は設けられていません。

ドコモやau、WiMAXなど他のポケットWiFiにおいては、2年の契約期間や解約金がかかるため解約金・契約期間がない点で、大きなメリットです。

ソフトバンクのポケットWiFi料金

ソフトバンクのポケットWiFi料金

ソフトバンクのポケットWiFiを契約する場合、ソフトバンクユーザーかどうかで料金プランが大きく異なります。

ここで言うソフトバンクユーザーというのは、ソフトバンクのスマホを契約しているもしくはソフトバンクのスマホと同時契約する予定の人です。

他社でスマホを契約している人は、新規でスマホ同様の契約をする必要があります。

以下より、自分の当てはまる方をチェックしてみてください。

ポケットWiFiのみ契約するときの月額料金

スマホは他社で、Pocket WiFiのみソフトバンクで契約する場合、2種類の料金プランが選べます。

ウルトラギガモンスター+
forデータ
ミニモンスターforデータ
1年目の
月額料金
6,480円 〜1GB 2,980円
〜2GB 4,980円
〜5GB 6,480円
〜50GB 7,480円
2年目以降の
月額料金
7,480円 〜1GB 3,980円
〜2GB 5,980円
〜5GB 7,480円
〜50GB 8,480円
データ容量 最大50GB 1〜50GB

参照: ソフトバンク公式のモバイルデータ通信プラン

ウルトラギガモンスター+forデータは最大50GBまでデータ通信可能で、ミニモンスターforデータは毎月の使用データ量に合わせて料金が変化します。

どちらも12ヶ月間1,000円の割引が適用され、1年目は通常よりも安く利用できます。

ウルトラギガモンスター+forデータには動画SNS放題サービスが付いていますが、ポケットWiFiはサービス対象外となっているため、対象の動画やSNSを利用した場合でもデータ量が消費します。

どちらの料金プランも無制限ではなく、上限を超えると速度制限がかかります。

スマホと一緒に契約するときの月額料金

ソフトバンクでスマホと一緒に契約する、もしくは既にソフトバンクでスマホを契約している場合の月額料金は以下の通り。

データシェアプラン
月額料金 980円

参照: ソフトバンク公式のデータシェアプラン

ソフトバンクのスマホを親回線として、ポケットWiFiは子回線としてみなされ、スマホのデータ容量をポケットWiFiにシェアする仕組みです。

そのためスマホでウルトラギガモンスター+を契約する場合、ポケットWiFiと合わせて利用可能なデータ容量は最大50GBまでとなります。

ソフトバンクのポケットWiFiを購入するデメリット

上記で紹介したソフトバンクのポケットWiFiの月額料金で分かったと思いますが、ソフトバンクのポケットWiFiは料金が高いという大きなデメリットがあります。

それだけでなく、データ無制限プランがない、通信制限時の速度が遅いといった弱点を抱えています。

ソフトバンクのポケットWiFiをおすすめできないデメリットを詳しく見ていきましょう。

月額料金が高い

ソフトバンクのポケットWiFiを新規で契約する場合、月額料金が非常に高いです。

ポケットWiFiを販売するWiMAXやワイモバイルと比較すると、一目瞭然です。

ソフトバンク WiMAX ワイモバイル
契約プラン ウルトラギガモンスター+
forデータ
ギガ放題 Pocket WiFiプラン2
(ペーシック)
1ヶ月目〜2ヶ月目 6,480円 3,609円 4,380円
3ヶ月目〜12ヶ月目 6,480円 4,263円 4,380円
13ヶ月目〜24ヶ月目 7,480円 4,263円 4,380円

他社と比較すると、ソフトバンクは2,000円〜3,000円ほど月額料金が高いです。

しかもWiMAXとワイモバイルはどちらも、データ無制限プランとなっており、使えるデータ容量も上記2社の方が優れています。

ソフトバンクユーザーは月々980円の追加料金を払えば利用できますが、あまりメリットはありません。

なぜなら、スマホとデータ量をシェアすることになるため、思いっきり動画やゲームを楽しめないから。

ポケットWiFiを契約するなら、データを無制限に使えるプランにしないとお金がもったいないです。

データ無制限ではない

ソフトバンクの料金プランはデータ無制限プランがないのも大きなデメリットです。

利用可能なデータ容量
WiMAX 7GBもしくは無制限
ドコモ 最大30GB
au 無制限
ソフトバンク 最大50GB
ワイモバイル 7GBもしくは無制限

上記表のように、ドコモとソフトバンク以外は無制限プランを用意しており、月額料金が高い上にデータ容量に上限を設けているソフトバンクをわざわざ契約する意味はありません。

通信制限後の速度が遅い

ソフトバンクのポケットWiFiは、通信制限がかかった後の速度が非常に遅いのも大きなデメリット。

他社の場合、速度制限がかかっても最大1Mbpsの速度でインターネットが使用できますが、ソフトバンクの場合は利用可能なデータ容量を超えると最大128Kbpsまでが落ちます。

単純に計算しても、他社の1/7の速度となっており、ほぼ繋がらない状態になります。

例えばLINEやTwitterなどのメッセージ・タイムラインは見れますが、画像や動画を表示するのは難しいです。

そのため、動画やゲームなどで大容量のデータを使用したい人はソフトバンクのポケットWiFiは避けたほうが良いです。

ソフトバンクのポケットWiFiよりももっと便利で安いポケットWiFiはあります!

ソフトバンク回線が使えるポケットWiFi

ソフトバンクよりも、月額料金が安くてソフトバンク回線が使えるポケットWiFiがあります。

ここではおすすめのポケットWiFiを3つ紹介しますが、どれも非常に安く利用できるお得なものばかりです。

限界突破WiFi

限界突破WiFi
限界突破WiFiはエックスモバイル社が提供するポケットWiFi。国内だけでなく海外でも快適に使用できます。

■限界突破WiFiの特徴

  • データ無制限でネット使い放題
  • 端末代無料
  • 世界107カ国で使える
  • ずっと月額料金3,500円
  • ドコモ・au・ソフトバンク回線のトリプルキャリア対応

限界突破WiFiは上記の特徴を持ちます。料金プランはデータ無制限のみで、1年後も2年後もずっと変わらず月額3,500円。端末代も無料です。

アジア・ヨーロッパ・アメリカなど107カ国に対応しており、面倒な設定やレンタルをすることなく、そのまま使用できます。

手間なく海外でもポケットWiFiを使いたい方は今すぐチェック!

どんなときもWiFi

どんなときもWiFi

どんなときもWiFiは株式会社グッド・ラックが提供するデータ無制限のポケットWiFi。

■どんなときもWiFiの特徴

  • データ無制限でインターネット使い放題
  • 世界131カ国で使える
  • クレジットカード払いと口座振替払いが選べる
  • ずっと月額3,480円〜
  • ドコモ、au、ソフトバンク回線のトリプルキャリア対応

どんなときもWiFiは上記の特徴を持ちます。どんなに使っても通信制限がなく、ずっと高速でデータ通信が可能。

海外では世界131カ国に対応しており、端末1つで国内外で快適にインターネットが使えます。支払い方法はクレカと口座振替から選べ、クレカ払いなら月額3,480円〜利用可能。

工事不要で最短即日発送してくれるので、すぐに届きます!

ギガゴリWiFi

ギガゴリ
ギガゴリは、GMOとくとくBBを提供する老舗プロバイダ・大手インターネットサービス企業のGMOインターネットが提供するライトユーザー向けのポケットWiFiです。

■ギガゴリの特徴

  • 20GBプラン・30GBプラン・使い放題プランの3種類から選べる
  • 使い放題プランでも月額3,050円〜の安価な料金設定
  • 1年単位の契約更新で縛りがゆるい
  • ソフトバンク回線を使用したポケットWiFiなので幅広いエリアで高速通信が可能
  • WiFiルーターは下り最大150Mbpsなので、WiMAXほどの高速通信はできない

ギガゴリは、上記の特徴を持ちます。使用するギガ数に応じた料金設定となっています。また、使い放題プランは高速通信が可能なWiMAXよりも安価な料金設定になっている点も見逃せません。

1年単位の契約で気軽に利用できるので、外出が多く月々の通信費を節約したい人はギガゴリWiFiの活用を検討しましょう!

どんなときもWiFi

どんなときもWiFi
どんなときもWiFiは株式会社グッド・ラックが提供するデータ無制限のポケットWiFi。

■どんなときもWiFiの特徴

  • データ無制限で月額3,480円〜
  • 世界131カ国に対応しており、手続き不要
  • ドコモ、au、ソフトバンク回線のトリプルキャリアに対応
  • 下り最大150Mbps、上り最大50Mbps
  • 通信制限なし

どんなときもWiFiは上記の特徴を持っています。

トリプルキャリア対応で、いつでもどこでも安定したデータ通信が可能。料金プランはデータ無制限のみで、クレカ払いなら月額3,480円、口座振替払いなら月額3,980円で利用できます。

海外旅行や海外出張先でも手間なく利用でき便利です。

注意点

通信サービス安定供給のため新規申し込み停止中です。

▼ おすすめポケットWiFiをもっと知りたい方は下記記事をチェック

おすすめのポケットWiFi

【2020年最新】おすすめのポケットWiFiを完全比較!

2020年1月31日

【最新版】最もおすすめのポケットWiFi

GMOとくとくBB

最もおすすめのポケットWiFiは「GMOとくとくBB」です。GMOとくとくBBはWiMAX回線を利用したポケットWiFiを提供しており、高速かつ安定したデータ通信が可能です。

■GMOとくとくBBのおすすめポイント

  • 3万円以上の高額キャッシュバックがある
  • 端末代金が無料
  • 最大1.2Gbpsの高速通信が可能

上記のように、GMOとくとくBBの最大のおすすめポイントは高額キャッシュバックがあること!新規で契約すればもれなくもらえます。

月額料金は3,609円〜ですが、高額キャッシュバックと端末代無料サービスを考慮すると、かなりお得です。

さらにGMOとくとくBBでは、光回線並みの最大1.2Gbpsの高速通信が可能で、いつでも快適にインターネットが使えるのも魅力。

ソフトバンクのポケットWiFiを検討している人は、「GMOとくとくBB」を選べば後悔しません!

一番お得なキャッシュバックキャンペーンを開催中!今すぐ公式サイトをチェック!

プロバイダ名 GMOとくとくBB
端末代 無料
月額料金 ギガ放題プラン(無制限)
1〜2ヶ月目 3,609円
3ヶ月目以降 4,263円
取り扱い端末 Speed Wi-Fi NEXT W06、Speed Wi-Fi NEXT WX06
契約期間 3年

まとめ

いかがでしたでしょうか。本記事ではソフトバンクのポケットWiFiを購入するデメリットや料金、通信制限などについて詳しく紹介しました。

最後に本記事の内容をまとめたので確認しましょう。

本記事のまとめ

  • ソフトバンクのポケットWiFi「Pocket WiFi 802ZT」は下り最大988Mbpsの高速通信、約12時間の電池持ちが特徴。
  • ソフトバンクのポケットWiFiを契約するメリットは、安定したソフトバンク回線が使える点と解約金・契約期間がない点。
  • しかし、月額料金が高くデータ無制限ではない、通信制限時の速度が遅いといったデメリットのほうが大きい。
  • それなら、もっと安く便利に使えるポケットWiFi「ギガゴリWiFi」「限界突破WiFi」「どんなときもWiFi」がおすすめ。
  • ソフトバンク回線にこだわらないのであれば、「GMOとくとくBB」が最もお得。

無制限ポケットWiFiがおすすめ!

おすすめのポケットWiFi クラウドSIM採用の無制限ポケットWiFiだったら2年で3万円以上安くなります!

ドコモ、au、ソフトバンク、ワイモバイルのポケットWiFiよりもクラウドSIM技術を採用した無制限でインターネットができるポケットWiFiを契約すれば月額3,000円台から利用できます。

次世代の最新技術を活用したドコモ、au、ソフトバンクのトリプルキャリア対応で通信速度が安定しやすく広いエリアでインターネット使い放題のポケットWiFiで契約するのが通信費を節約するコツです。