ポケットWiFiとWiMAXの違いを解説!どっちがおすすめ?

ポケットWiFiとWiMAXの違い

本記事では、ポケットWiFiとWiMAXの違いについて解説していきます。

持ち運びできるWiFiルーターの購入を検討している人がもっとも気になる月額料金、利用可能な通信量、通信速度、速度制限の有無などを中心に解説していきます。スマートフォン同様にポケットWiFiやWiMAXの通信事情も日進月歩で進化して多種多様な特徴を持った通信サービスがスタートしています。

本記事では従来の携帯電話会社の通信回線を利用するポケットWiFi以外にクラウドSIM技術を採用した無制限WiFiルーターについても解説していきます。

それぞれのモバイルWiFiルーターの特徴を確認していつでもどこでも快適にスマホ、タブレット、パソコン、ゲーム機でWiFi接続できる環境を手に入れましょう。

本記事のポイント

  • ポケットWiFiもWiMAXもお得に契約可能
  • ポケットWiFiとWiMAXは通信回線の種類が異なる
  • WiMAXも持ち運びできるサイズのモバイルルーターを契約可能
  • いずれのポケットWiFiも月額3,000円台でお得に契約可能

ポケットWiFiとWiMAXの違い

WiMAX
まず、ポケットWiFiとWiMAXの違いについて確認していきましょう!

それぞれ持ち運びできる200g前後のモバイルタイプのWiFiルーターです。スマホ、パソコン、タブレットなどでインターネット接続可能なのは当然のことながら、外出時以外に自宅でも無制限でインターネット利用が可能です。ポケットWiFiとWiMAXの大きな違いは下記の通りです。

  • 販売している会社が異なる
  • 月額料金や販売している端末が異なる

2種類のモバイルルーターの違いについて順に確認していきましょう!通信回線が異なるもののいずれの端末も下り最大速度1Gbps前後でインターネットが可能なポケットWiFiを販売しています。無制限Wi-Fiを求めているならWiMAXとクラウドSIMを採用しているポケットWiFiを契約しましょう!

販売している会社が異なる

ポケットWiFiとWiMAXは販売している会社が異なります。一覧で確認しましょう!

  • ポケットWiFi……ドコモ、au、ソフトバンク、ワイモバイル
  • WiMAX……UQWiMAX(UQ代理店、WiMAXプロバイダも含む)

ポケットWiFiは、ドコモ・au・ソフトバンク・ワイモバイルなどの大手携帯電話会社が販売しています。ドコモのポケットWiFiならドコモ回線、ワイモバイルのポケットWiFiならワイモバイル回線といったように通信回線が各社で異なります。

THE WiFi、どんなときもWiFi、限界突破WiFi、クラウドWiFiなどもポケットWiFiとして活用できる無制限WiFiルーターを提供しています。クラウドSIMを採用しておりドコモ、au、ソフトバンクのトリプルキャリア対応で利用する位置に応じてもっとも最適な通信回線を利用できるため通信回線が安定する点が大きなメリットです。

WiMAXは、KDDIグループのUQWiMAXのみが提供しています。持ち運びできるポケットWiFi以外に自宅据え置きで利用できるホームルーターも販売しています。UQ代理店のBroad WiMAX、WiMAXプロバイダのGMOとくとくBBやSo-netWiMAXなどもサービスを提供しており、各社UQWiMAXと同様の通信回線とポケットWiFiを販売しています。代理店やWiMAXプロバイダ経由で契約したほうがお得に安くWiMAXを利用できます。

月額料金や販売している端末が異なる

ポケットWiFiとWiMAXでは月額料金や販売している端末が異なります。

従来の大手携帯電話会社が販売しているポケットWiFiとWiMAXを比較すると、WiMAXの方が通信量無制限な上に月額料金が安く設定されています。そのため、月額料金の安さで選ぶならWiMAXに軍配が上がります。

なお、上述しているクラウドSIMを採用しているポケットWiFiだったらWiMAXと同等料金で無制限で使い放題できます。どんなときもWiFiや限界突破WiFiなどのポケットWiFiも検討する価値があります。

クラウドSIM採用のポケットWiFi、大手携帯電話会社のポケットWiFi、WiMAXの端末の特徴を比較しましょう!

■WiMAX(GMOとくとくBB)、ワイモバイル、どんなときもWiFiの比較表

Speed Wi-Fi NEXT W06 Pocket WiFi 803ZT どんなときもWiFi
通信速度 下り最大1.2Gbps 下り最大988Mbps 下り最大150Mbps
重量 約125g 約153g 約151g
機種代金 0円 10800円 レンタルで端末代金0円
バッテリー容量 3000mAh 3000mAh 3500mAh
連続通信時間 約9時間 約12時間 約12時間
カラー ホワイトシルバー、ブラックブルー シルバー グレー、ゴールド
メーカー名 HUAWEI ZTE uCloudlink

WiMAXやワイモバイルのポケットWiFiは、それぞれ自社の通信回線を利用していますが、どんなときもWiFiはドコモ、au、ソフトバンクの通信回線を借り受けてサービスを提供しています。格安SIMのように利用者数が増えてくると通信速度が極端に遅くなる可能性がありますが上記で紹介している全社、インターネットが無制限で使い放題できます。

ポケットWiFiとWiMAXを比較

ノートと電卓
続いて、契約期間、月額料金、通信制限の有無、データ通信速度をそれぞれの項目に分けて比較していきましょう!

月額料金

月額料金の面を踏まえるとWiMAXがもっとも安くなります。ただし、WiMAXを契約できるUQ代理店やWiMAXプロバイダのキャンペーン内容によっては、月額料金が4,000円前後になるケースもあります。

本サイトが調査した10社以上のWiMAXプロバイダの中でもっとも安いGMOとくとくBBでWiMAXを契約するのがイチオシです。

GMOとくとくBB ワイモバイル どんなときもWiFi
月額料金 3,387円〜(キャンペーン特典適用時) 4,380円〜 3,480円

全社、無制限でWiFiが使い放題の料金となっており大手キャリアのドコモやソフトバンクと比較すると3,000円程度安い月額料金で使用できます。ポケットWiFiを契約するならWiMAXやクラウドSIM採用のポケットWiFiがおすすめです。

通信速度・速度制限の有無

各社のポケットWiFiは、無制限で使い放題できる仕組みになっていますが、WiMAXとワイモバイルのみ3日間で10GB使用すると、概ね1Mbpsの速度制限がかかる仕組みになっています。しかし、1Mbpsの速度が出ればYouTubeやSNS、ネット検索などもストレスなく利用できるので過度な心配は不要です。

下り最大速度は、WiMAXとワイモバイルに軍配が上がる仕組みとなっています。

GMOとくとくBB ワイモバイル どんなときもWiFi
通信速度 下り最大1.2Gbps 下り最大988Mbps 下り最大150Mbps
速度制限 3日間で10GB使用すると
翌日の18時〜26時に最大1Mbpsの速度制限
3日間で10GB使用すると
翌日の18時〜26時に最大1Mbpsの速度制限
原則なし
注意点

どんなときもWiFiなどのクラウドSIM採用のポケットWiFiは、無制限で使い放題ですが、一般的な使用量を超えた使い方をすると速度制限がかかる恐れがあります。使い方によって異なりますが、月間で300GB以上使うと速度制限がかかったなどの口コミ評判も見受けられます。筆者もクラウドSIMのポケットWiFiを使ったことがありますが、会社員で1日8時間働いている人なら毎日10GB使い続けるのは意外と難しいので実質無制限で使い放題と考えて良いでしょう。

契約期間

最後に契約期間を比較しましょう。WiMAX、ワイモバイル、クラウドSIMのポケットWiFiを比較すると、ワイモバイルのポケットWiFiがもっとも柔軟性が高く利用しやすい契約方法です。

WiMAXとクラウドSIMのポケットWiFiは会社によって異なりますが、WiMAXが3年契約の会社が多いです。クラウドSIMのポケットWiFiは2年契約に設定している会社が多いです。上述しているGMOとくとくBBは3年契約、どんなときもWiFiは2年契約です。

■WiMAX、ワイモバイル、クラウドSIMのポケットWiFiの比較表

WiMAX ワイモバイル クラウドSIMのポケットWiFi
契約期間 1年〜3年 縛りなし 縛りなし〜2年
違約金 19,000円〜 0円 19,000円〜

おすすめポケットWiFiを解説

ポケットWiFiとWiMAXの違いを説明してきましたが、まとめると契約期間や料金の違いなどはありますが、いずれの端末もモバイルルータータイプでお得に使えることが分かりました。

ポケットWiFiとWiMAXがお得に安く契約できる会社を順に確認していきましょう!

速度と安さを求めるならGMOとくとくBBのWiMAX

GMOとくとくBB
業界トップクラスのプロバイダ実績を誇るGMOとくとくBB。東証一部上場企業のGMOインターネットが手掛けるWiMAXサービスです。

WiMAXプロバイダ経由で申し込めるため、手続きが簡単でお得に安く利用できます!

  • 30,000円を超える高額キャッシュバックを全員にプレゼント
  • 19,200円相当の最新ポケットWiFiとホームルーターが無料
  • 下り最大速度1.2Gbpsの端末で高速インターネット
  • KDDIグループの安定性が高いWiMAX回線が使い放題
  • 工事不要で届いたその日からパソコン、スマホ、タブレットでネットが使える

筆者も8年以上使用しているWiMAX。外出時以外に自宅の固定回線としても愛用しています。

期間限定の高額キャッシュバック特典を適用すれば、月額料金が3,300円台で利用できます。業界最安値のポケットWiFiを契約したいならGMOとくとくBBで決まりです!

【申し込み停止中】ギガゴリWiFi

ギガゴリWiFi
同じくGMOインターネットグループが提供するギガゴリWiFi。20年以上のプロバイダ実績を持つ大手企業だからこそ安定した通信サービスを提供してくれる点が筆者のイチオシポイントです。

  • 20GB、30GB、無制限使い放題プランを提供
  • 1年契約で月額2,350円〜利用できる
  • クラウドSIM採用の使い放題のワールドプランなら月額3,460円で無制限WiFi

ギガゴリWiFiは、1年契約が可能なソフトバンク回線の格安プランと2年契約でドコモ、au、ソフトバンクの通信回線が使い放題のワールドプランが契約できます。

特にイチオシはクラウドSIM採用で無制限使い放題のワールドプランです。安定性が高いプロバイダとして知名度が高いGMOの公式サイトから申込みましょう!

現在、申込み停止中です。テレワークの増加に伴い、WiMAX 2+も申し込みが殺到していて発送までに時間がかかります。同等の価格帯で契約可能な光回線もチェックしましょう!

おすすめ光回線の比較

【2020年最新】おすすめ光回線を8社比較!料金・速度で選ぼう

2020年2月20日

まとめ

いかがだったでしょうか。ポケットWiFiとWiMAXの違いについて解説しました。いずれのWiFiルーターもお得に活用できる上に一人暮らしなら自宅の固定回線代わりに使うこともできます。

パソコン、タブレット、スマホでギガ消費を気にせずに通信容量無制限でWi-Fiを活用したい人はライフスタイルに合ったポケットWiFiを契約しましょう!

最後に本記事の重要なポイントをおさらいして終わりにしましょう!

本記事のポイント

  • ポケットWiFiもWiMAXも無制限でインターネットが利用できる
  • 自宅以外の外出時にデータ通信量を気にせずにスマホが使える
  • 外出時にパソコンを使いたい時はポケットWiFiとWiMAXいずれも使える

無制限ポケットWiFiがおすすめ!

おすすめのポケットWiFi クラウドSIM採用の無制限ポケットWiFiだったら2年で3万円以上安くなります!

ドコモ、au、ソフトバンク、ワイモバイルのポケットWiFiよりもクラウドSIM技術を採用した無制限でインターネットができるポケットWiFiを契約すれば月額3,000円台から利用できます。

次世代の最新技術を活用したドコモ、au、ソフトバンクのトリプルキャリア対応で通信速度が安定しやすく広いエリアでインターネット使い放題のポケットWiFiで契約するのが通信費を節約するコツです。