インターネット料金の見直しで通信費を節約する方法3選!スマホ割・乗り換え

インターネット料金の見直し

本記事では、インターネット料金の見直しで通信費を節約する方法を解説していきます。

インターネット料金を筆頭にスマホ、ポケットWiFi、タブレット端末など家族構成やライフスタイルによっては、インターネット料金以外にスマホやポケットWiFiなども合わせて、月々の通信費が2万円から3万円を超える家庭も少なくありません。

スマホの進化や高速通信が可能な5Gスマホの普及でインターネットが生活に密接に関係するツールになればなるほど、月々の通信費は上昇傾向にあります。本記事では、インターネット料金の見直しにフォーカスしますが、ドコモ光やソフトバンク光などに乗り換えることでインターネット料金とスマホ料金も節約できます。共に勉強していきましょう!

本記事のポイント

  • フレッツ光で契約しているなら光コラボへの転用でインターネット料金が安くなる
  • 引越しを機にインターネットの見直しをするなら他社乗り換えで費用が安くなることが多い
  • スマホ料金を安くするなら携帯電話会社の光回線に乗り換えるのがおすすめ

インターネットの平均料金

インターネット回線にかかる料金は下記の通りです。光回線、WiMAX回線などを利用する人が多いです。

スマホ料金と違って光回線やWiMAX回線は固定料金となっているので、契約しているプロバイダやインターネット回線の種類によって差はありますが、月々1,000円〜2,000円程度の差です。

インターネットの平均料金を下記に一覧にまとめたので参考にしてください。

戸建て マンション・アパート
光回線 5,000円〜6,000円 3,800円〜4,500円
ADSL回線
(受付終了)
2,000円〜5,200円 2,000円〜5,200円
ポケットWi-Fi
ホームルーター
3,300円〜4,500円 3,300円〜4,500円

平均的なインターネット料金は上記の通りとなっています。あなたの月々のインターネット料金の請求金額も概ね、上記の中に収まっていると思います。もし、上記の中に収まっていない場合、光コラボへの乗り換えや他社回線への乗り換えで毎月、固定的にかかる通信費を削減できます。フレッツ・ADSLやフレッツ光を利用している人は、NTT東日本・NTT西日本が提供するフレッツ光の通信回線を他社事業者が提供するサービスと一緒に別サービスとして契約できる光コラボ事業者経由で申し込むと大幅にインターネット料金を削減できます。

ポイント

もしあなたが一人暮らしでインターネット利用頻度が下がってきているなら、固定回線代わりになるWiMAX(ポケットWiFi・ホームルーター)に乗り換えてインターネット料金を節約する手段もおすすめです。一人暮らしのインターネットの選び方やおすすめインターネット回線を解説しているので、参考にしてください。

回線事業者とプロバイダでインターネット料金は決まる

プロバイダとは | インターネット回線との違い・役割・目的という記事で紹介していますが、インターネット料金はインターネット回線利用料以外に接続事業者のプロバイダ料金の組み合わせで決まります。

インターネット回線はプロバイダが自由に選べるケースが多いので、プロバイダ料金が安くて速度が安定しやすいプロバイダで契約するのがおすすめです。

下記記事でプロバイダを選ぶ上で欠かせないインターネット回線の安定性・サポート体制の選び方、月額料金の比較情報などを解説しています。プロバイダと光回線がセットでお得に申し込めるコミコミプランの人気光回線も紹介しています。あわせて読んでください。

おすすめプロバイダの比較

人気インターネットプロバイダ5社比較!おすすめプロバイダの賢い選び方

2020年2月23日

インターネット料金を見直して通信費を節約する方法

ノートと電卓
インターネット料金を見直す時のポイントを理解した上で本記事の主題である通信費が節約できるインターネット料金の見直し方法を確認していきましょう。

それぞれ、インターネット料金を見直すときに効果がある方法を確認していきましょう!

スマホ割が適用されるインターネット回線に乗り換える

ドコモ、au、ソフトバンクなど大手携帯電話会社は、自社の光回線とセット契約で家族全員のスマホ料金が毎月永年1,000円割引されるスマホ割を提供しています。(ドコモ光割、auスマートバリュー、ソフトバンクおうち割光など)

そのため、インターネット契約を見直すタイミングでスマホ割が適用されるインターネット回線に乗り換えるがおすすめです。下記はスマホ割が適用されるインターネット回線の種類です。WiMAXを提供するUQコミュニケーションズはauグループなので、auスマートバリューの割引が適用されます。

■スマホ割が適用されるインターネット回線

携帯電話会社 おすすめ光回線
ドコモ ドコモ光
au auひかり、So-net光、ビッグローブ光、GMOとくとくBB WiMAX
ソフトバンク ソフトバンク光、NURO光
楽天モバイル 楽天ひかり

光コラボ事業者へ乗り換える

フレッツ光で契約している人は、NTTよりも料金が安くなる光コラボ事業者に乗り換えましょう。フレッツ光と提携している事業者が提供する独自サービスとセットで光回線が販売できる仕組みとして、光コラボレーションを提供しています。フレッツ光と同じ品質・同じ速度の光回線が契約できる上にNTTで契約するよりも月額料金の割引・キャッシュバック特典などが得られます。

さらにプロバイダが光コラボを提供していることも多く、ドコモ光と大手プロバイダのGMOとくとくBBの組み合わせは節約効果が抜群です。

下記記事で光コラボで解約金不要でお得に乗り換え(転用・事業者変更)可能な方法やおすすめ事業者を解説しているので、あわせて読んでください。

光コラボの転用

光コラボへの転用方法と事業者変更・乗り換えの注意点

2020年2月19日

他社回線に乗り換えてキャッシュバック特典を受け取る

他社回線に乗り換えてキャッシュバックや割引特典を受け取ることで、インターネット料金を安くできます。固定回線・モバイル回線共にに共通していますが、契約期間が長くなればなるほど割引特典がなくなります。そのため、インターネットを見直すタイミングで他社に乗り換えてお得なキャッシュバック特典を受け取るのが賢い方法です。

インターネットの見直しでおすすめの光回線

続いて、インターネットの見直しでおすすめの光回線を解説していきます。

いずれの事業者も光回線とプロバイダがセットで申し込めます。スマホ割を適用したいなら携帯電話会社のインターネット回線で契約しましょう!

新規契約で高額キャッシュバック特典がある事業者ばかりなので、契約中のインターネット回線とは別の光回線を申込みましょう!

ドコモ光

ドコモ光
ドコモユーザーにイチオシのドコモ光(フレッツ光の光コラボ事業者)。ドコモ光割適用で家族全員のスマホ代が毎月1,000円割引。

  • 新規工事料15,000円が完全無料
  • 最大20,000円のキャッシュバック+dポイントを5,000ポイントプレゼント
  • Wi-Fiルーターが永年無料レンタル可能
  • マンションタイプ月額4,000円、戸建てタイプ月額5,200円で利用可能

上記の点がドコモ光の特徴です。やはりなんと言ってもドコモスマホ割の節約効果が大きいです。家族4人でドコモ光を利用するなら毎月4,000円割引、年間で48,000円もの通信費を節約できます。

しかも家族4人でドコモ光を利用するなら、4,000円の割引が適用されるのでマンショタイプが実質無料、戸建てタイプが1,200円で利用可能です。ドコモユーザーでインターネット契約を見直すならドコモ光一択です。

ソフトバンク光

ソフトバンク光
ソフトバンクユーザーならおうち割光適用で家族全員のスマホ代が永久毎月1,000円割引のソフトバンク光がおすすめ。

  • 他社回線からの違約金を完全負担
  • 他社違約金・撤去工事費を満額負担
  • 新規工事手数料が完全無料
  • 最大33,000円のキャッシュバック特典を付与

ソフトバンク公式特典が魅力的なソフトバンク光。ドコモ光同様に光コラボ事業者として認定されているので、フレッツ光と同等の高品質光回線が利用可能。

ソフトバンク光公式の特典と共に正規販売代理店のアウンカンパニー経由の契約なら、最大33,000円のキャッシュバックも受け取ることができます。

ソフトバンク光をお得に契約するなら販売代理店経由で割引特典を手に入れましょう!

auひかり

auひかり
KDDIグループの独自光回線として利用できるauひかり。公式認定プロバイダで速度が安定するGMOとくとくBB経由での申込みがお得です。

  • auスマートバリューで毎月auスマホ代が1,000円割引
  • 最大61,000円の高額キャッシュバック特典を付与
  • 他社回線からの乗り換えで30,000円キャッシュバック
  • 新規工事手数料が実質無料

上記の特典が得られるauひかり。最大5ギガの高速インターネットも基本利用料に含まれている点も大きなポイントです。インターネットの見直しを機により速いインターネット回線を求めているならauひかりがおすすめです。

NURO光

NURO光
ソニーグループが手掛ける独自光回線のNURO光。下り最大2Gbpsの高速インターネットが大きな魅力。

  • 45,000円のキャッシュバック特典
  • 基本工事費用40,000円が実質無料
  • ソフトバンクおうち割光適用で毎月1,000円割引
  • マンション・戸建て共に4,743円の月額料金で利用可能

NURO光で契約できるプロバイダは、グループ企業のSo-net一択です。さらにマンション・戸建て共に月額料金が統一されています。

利用できるエリアが関東エリア、大阪、名古屋、福岡、札幌など主要都市に限定されますが、戸建てに住んでいる人におすすめの乗り換え先です。

フレッツ光の約2倍の速度が期待できる高速インターネットが利用できる点も見逃せません。

インターネット料金を見直すタイミング

スマホ画像
続いて、インターネット料金を見直すタイミングを確認していきましょう。

引越しのタイミング

インターネット料金を見直すタイミングでもっとも多いのが引越しです。インターネットの引越し移転手続きガイドという記事でも紹介していますが、引越しに伴い利用している光回線を継続する移転手続きをしても新居での工事費用などが必ず発生します。そのため、引越しは長年契約してきたインターネット回線を見直す絶好のタイミングです。

引越しをするなら今利用している光回線を解約して、新規申し込みでお得な割引特典やキャッシュバック特典を受け取るのがもっともおすすめの方法です。

子供のインターネット利用頻度が高くなるタイミング

子供の成長に伴いインターネットの利用頻度が高くなるタイミングも見直しのチャンスです。インターネット回線は同時利用で負荷が高くなり速度が遅くなりやすいです。そのため、フレッツ光・光コラボを利用していて速度が遅く感じてきたなら、ソニーグループの独自光回線で下り最大速度が2GbpsのNURO光やKDDIグループ独自光回線のauひかりなどにお得なキャッシュバックと共に乗り換えるのもおすすめです。

家族がそれぞれインターネットを利用する時間が長くなるタイミングでインターネット回線の見直しを行うのがおすすめです。

スマホを持つ家族が増えたタイミング

スマホを契約する台数が増えるに伴い一気に月々の通信費が高くなります。月額料金が安いプランにしてもスマホは1人あたり3,000円〜6,000円程度かかります。そのため、スマホを持つ家族が増えたタイミングでインターネットと同時利用でスマホ料金が割引になるドコモ光やソフトバンク光、auひかりに乗り換えるのがおすすめです。

契約する携帯電話会社を家族全員一緒にした上で携帯電話会社がサービスを提供しているドコモ光、ソフトバンク光などに乗り換えることでスマホ料金の節約にもつながります。

フレッツ光を契約している人は、ドコモ光・ソフトバンク光などに乗り換えれば、転用という扱いになるため違約金不要・追加工事不要でフレッツ光と同様の光回線が安く利用できる仕組みになっています。ドコモ光やソフトバンク光のインターネット料金が安くなる理由は、光コラボにあります。下記記事で光コラボについて詳しく解説しているので確認してください。

おすすめ光コラボ

おすすめ光コラボの料金と割引特典を比較!メリットデメリット・選び方

2020年2月17日

インターネット料金を見直す時の注意点

貯金箱とドル
最後にインターネット料金を見直す時の注意点を解説していきます。

毎月かかる固定費(通信費)を見直して節約できても使い勝手が悪くなったり、インターネット速度が遅くなってストレスが溜まるようでは本末転倒です。

それぞれの注意点で気になるポイントがある人は確認しましょう!

1,000円以上の節約につながる見直しを心がける

インターネット料金を見直す時に重要なポイントは1,000円以上の節約につながる見直しを心がけてください。月々500円の節約をしても年間6,000円の通信費削減のみです。6,000円だったら家族で楽しむ外食を1回我慢すれば捻出できる金額です。そのため、インターネット回線の解約と新規申し込みの手間がかかる割に節約効果は限定されています。

1,000円以上の節約につながる見直しを心がけてください。新規申し込みでキャッシュバックや割引特典が付与される光コラボ事業者へ乗り換えするのが得策です。

解約金が発生しないタイミングで見直す

光回線、WiMAX、ポケットWiFiいずれのインターネット回線も契約期間が存在する事業者が多く、更新期間以外に解約すると8,000円〜19,000円の違約金がかかる仕組みになっています。

解約金が発生しない契約更新期間内に見直すことで、より大幅に通信費の削減に成功します。また、引越しのタイミングで今すぐインターネットを見直す必要があるなら、インターネット回線の乗り換えで違約金負担をしてくれる光回線やプロバイダ経由で契約するのがもっともスマートな方法です。

キャッシュバックなどを加味した実質月額料金で見直す

光回線、WiMAX共に新規契約でキャッシュバックや割引特典を付与しています。そのため、インターネット料金のみに着目せずにキャッシュバック特典、端末プレゼント特典、Wi-Fiルーター無料レンタル、ポイントプレゼントなどを総合的に加味した実質月額料金で見直すのがもっとも賢い選択です。

月額料金が安く見えてもキャッシュバック特典などが一切ないプロバイダも多いです。また、割高に見えても割引やキャッシュバックを加味すると実質月額料金がもっとも安いケースもあります。

まとめ

いかがだったでしょうか。インターネット料金の見直しで通信費を節約する方法を解説しました。月々かかる固定費と変動費を把握して削減することが家計見直しの第一歩です。本記事では、インターネット料金の見直しにフォーカスしていますが、お得な光コラボへの乗り換えやキャッシュバックキャンペーンを活用することで通信費の削減が可能です。

ぜひ、本記事で紹介した情報を元にインターネット料金の見直しから始めてください。通信費の節約は実行に移すだけですぐに大きな節約効果を生みます。毎日の食費を節約するよりもストレスがかからずにお金を浮かせることができます。まず、インターネット料金の見直しから始めましょう!

最後に本記事の重要なポイントをおさらいしましょう!

本記事のポイント

  • 引越しやライフスタイルが変化するタイミングでインターネット回線も見直す
  • 貯蓄目標や月々の支出を計算する時にインターネット料金を見直す
  • 常に最新情報をウォッチして通信費の削減余地がないか確認する癖をつける

通信速度が安定していて安い光回線を見つけよう

おすすめ光回線の比較 光回線の見直しで通信費を安くできるって知ってましたか?

フレッツ光と同じ通信品質・速度で月額料金が安くなるドコモ光、ソフトバンク光などに乗り換えることでインターネット回線とスマホ料金をセットで安くする方法があります。既にフレッツ光を契約している人でも違約金不要でお得な光回線に乗り換えできるチャンスです!

最大10Gbpsの速度が出る最新の高速通信が利用できる上にお得なキャッシュバック特典や工事費用無料キャンペーンを活用して、月々の通信費を節約して家計の負担を軽減しましょう!光回線の最新キャンペーン情報もまとめています。今すぐチェック!