無制限に使えるポケットWiFi徹底比較!安い・速い・通信制限なし

無制限のポケットWiFi

YouTube動画や映画、オンラインゲームをデータ容量を気にせず楽しみたいなら、データ無制限プランがあるポケットWiFiは必須です。

無制限のポケットWiFiはいくつかありますが、価格や速度、通信制限など各社異なるため、どれにするか悩む人も多いでしょう。

ですが、無制限のポケットWiFiの選択肢は大まかに分けると、たったの2択です。

  • 料金が安い・通信速度が速いポケットWiFi
  • 通信制限がないポケットWiFi

この中から自分に合った1択を選び、該当するポケットWiFiを選べば大丈夫です。

本記事では、無制限に使えるポケットWiFiを徹底比較し、「安くて速いポケットWiFi」と「通信制限なしのポケットWiFi」それぞれを厳選して紹介します。契約する前にしっかり見極めて、ベストなポケットWiFiを選びましょう。

本記事のポイント

  • 無制限プランがあるポケットWiFiはWiMAX、au、ワイモバイル
  • 高速通信が使えて、毎月の料金を抑えるならWiMAXがおすすめ
  • 通信制限が気になる場合は、どんなときもWiFiや限界突破WiFiなどが便利

無制限に使えるポケットWiFiを比較

ポケットWiFiは4GやLTEなどのモバイル回線を利用してインターネットに接続する小型の無線LAN機器(モバイルルーター)のことで、自社でモバイル回線を持つdocomo、au、ソフトバンク、ワイモバイル、WiMAXの5社で販売されています。

5社の中でもデータ容量を無制限に使えるポケットWiFiは、WiMAXauワイモバイルの3社。

docomoとソフトバンクは無制限プランを用意していませんので、本記事では比較対象から外します。

以下の表でWiMAX、au、ワイモバイルの3社を料金、通信速度などで比較してみました。

WiMAX au ワイモバイル
月額料金 3,609円〜 4,292円〜 4,380円〜
通信速度 最大1237Mbps 最大558Mbps
※オプション追加で
最大1237Mbps
最大988Gbps
利用可能な
データ容量
無制限 無制限 無制限
端末代 無料 有料 有料

3社で比較すると、月額料金が安くて通信速度が速いのはWiMAXです。

auとワイモバイルにおいては10,000円〜30,000円ほどの端末代も支払う必要があり、分割払いにすると毎月端末の分割料金もプラスされるため、月額料金は5,000円以上になる場合も。

WiMAXなら端末が無料で提供されるため、月額料金はネット利用料のみなので、安く利用できます。

通信速度も3社の中で最速です。auもオプションを追加すればWiMAXと同じ高速通信が可能ですが、1,005円のオプション料がかかります。

総合的に見て、料金が安くでネットを速く使えるのは「WiMAX」です。

【一番安い・速い!】おすすめのWiMAX

GMOとくとくBB

料金が安くて通信速度が速いWiMAXの中でもおすすめのプロバイダは、GMOとくとくBBです。

GMOとくとくBBがおすすめの理由

  • 3万円以上の高額キャッシュバックがある
  • 月額料金が3,609円〜
  • 最新のモバイルルーター「Speed Wi-Fi NEXT W06」を取り扱っている

GMOとくとくBBをおすすめする最大のポイントは、高額キャッシュバックがあること。新規契約ならもれなく全員がもらえます。

月額料金も3,609円〜と安く、キャッシュバック金額を考慮すると実質の月額料金は3,251円になり最安です。

またGMOとくとくBBでは、最大1.2Gbpsに対応した「Speed Wi-Fi NEXT W06」を取り扱っており、追加料金なく超高速通信でインターネットが使えます。

一番お得なキャッシュバックキャンペーンを開催中!今すぐ公式サイトをチェック!

プロバイダ名 GMOとくとくBB
端末代 無料
月額料金 ギガ放題プラン(無制限)
1〜2ヶ月目 3,609円
3ヶ月目以降 4,263円
取り扱い端末 Speed Wi-Fi NEXT W06、Speed Wi-Fi NEXT WX06
契約期間 3年

▼ GMOとくとくBBの詳細は下記記事をチェック

GMOとくとくBB

GMOとくとくBBのキャッシュバック特典!申込方法・受け取り方

2020年1月31日

無制限でも通信制限があるので要注意

上記で紹介したGMOとくとくBBを含むWiMAXやau、ワイモバイルはデータ無制限ですが、100%無制限に使えるわけではありません

データ通信を大量に利用した場合に一定期間低速になる「通信制限」を設けており、3社とも直近3日間で10GB以上使用した場合、翌日18時〜翌々日2時あたりまで最大1Mbpsに制限されます。

最大1Mbpsの速度はLINEやメールのやりとり、Webブラウジング、地図アプリやTwitterのチェックなどある程度利用はできますが、動画視聴やアプリダウンロードは厳しいです。

制限がかかると、思う存分インターネットが楽しめなくなるので、通信制限がかからない程度にインターネットを使うに必要があります。

そのため完全無制限にインターネットを使いたい場合は、通信制限なしのポケットWiFiを選ぶ必要があります。

次からは、通信制限なしで無制限に使えるポケットWiFiを紹介!

通信制限なし・無制限のポケットWiFi

通信制限なく、無制限にインターネットが使えるおすすめポケットWiFiは、以下の3つ。

<通信制限なしポケットWiFiの早見表>

どんなときもWiFi 限界突破WiFi スペースWi-Fi
月額料金 3,480円〜 3,500円 3,680円
契約期間・解約金 2年・9,500円〜 2年・5,000円〜 なし
海外対応 世界131カ国対応 世界107カ国対応 なし
データ容量 無制限 無制限 なし

上記表を見ると、どんなときもWiFiが最も月額料金が安く、スペースWi-Fiが若干高めの設定となっています。

しかしスペースWi-Fiは契約期間の縛りなし・解約金0円と、いつでも解約できる仕組みになっており、1ヶ月単位で契約したい場合に便利なポケットWiFiです。

どんなときもWiFiや限界突破WiFiは契約期間・解約金がありますが海外対応となっているため、海外で利用したい場合に便利なポケットWiFiです。

ここからは、それぞれのポケットWiFiについて詳しく紹介していきます!

どんなときもWiFi

どんなときもWiFi
どんなときもWiFiは株式会社グッド・ラックが提供するデータ無制限のポケットWiFi。

■どんなときもWiFiの特徴

  • データ無制限で月額3,480円〜
  • 世界131カ国に対応しており、手続き不要
  • ドコモ、au、ソフトバンク回線のトリプルキャリアに対応
  • 下り最大150Mbps、上り最大50Mbps
  • 通信制限なし

どんなときもWiFiの魅力は最安の月額料金3,480円〜利用できること。支払い方法がクレジットカードと口座振替の2種類あり、クレカ払いにすれば月3,480円で利用できます。

アジア・ヨーロッパ・アメリカなど世界131カ国に持っていけば、手続きなしにそのまま使えるので海外旅行や海外出張が多い人には非常に便利。

トリプルキャリア対応なので安定したネット通信が使えるのもポイントです!

注意点

通信サービス安定供給のため新規申し込み停止中です。

限界突破WiFi

限界突破WiFi
限界突破WiFiはエックスモバイル社が提供する、国内外で快適に使えるポケットWiFi。

■限界突破WiFiの特徴

  • データ無制限で、ずっと月額3,500円
  • 世界107カ国で手続きなしに使える
  • ドコモ・au・ソフトバンク回線のトリプルキャリア対応
  • 下り最大150Mbps、上り最大50Mbps
  • 通信制限なし

限界突破WiFiの魅力は1年目の2年目もずっと月額3,500円で利用できること。他社では2年目以降料金が変わる場合がありますが、限界突破WiFiなら永年3500円です。

また世界107カ国に対応しているので、海外でインターネットが使いたい場合でも、モバイルルーターを持っていけばすぐに使えます。

どんなときもWiFiと同様、トリプルキャリア対応なので安定した速度でネットが使えますよ。

SPACE Wi-Fi

SPACE Wi-Fi
SPACE Wi-Fiは株式会社スペースエージェントが提供する国内専用のレンタルWi-Fi。

■SPACE Wi-Fiの特徴

  • データ無制限で、月額3,680円
  • 初期費用・解約金・端末代が無料
  • 契約期間の縛りなしでいつでも解約OK
  • 下り最大440Mbpsで、月間通信制限なし

SPACE Wi-Fiの魅力は、契約期間・解約金がないこと。いつ解約しても大丈夫なので、1ヶ月や半年だけ短期的に利用したい、入院や引越し・帰国などで一時的に使いたい場合に便利です。

月額3,680円と安く、通信速度も十分速いので、短期利用だけでなく長期的に利用するのにも向いています。

結局どっちが良い?どんなときもWiFiとGMOとくとくBBを比較

安い料金で高速通信を利用したいなら「GMOとくとくBB」、通信制限なくいつでもネットを快適に使いたいなら「どんなときもWiFi」。

しかし似たような価格帯である両者は、「長期的に見て結局どっちが良いのか?」と気になった人も多いハズです。

そこでGMOとくとくBBとどんなときもWiFiの2社で、長期的に使った場合の実質料金と実質総額費用などを比較してみました。

GMOとくとくBB どんなときもWiFi
1〜2ヶ月目 3,609円 3,480円
3〜24ヶ月目 4,263円 3,480円
25ヶ月目〜 4,263円 3,980円
36ヶ月の実質月額 3,269円 3,647円
36ヶ月の実質総額費用 117,660円 131,280円
キャッシュバック 最大34,700円 なし
通信速度 下り最大1237Mbps 下り最大150Mbps
通信速度 直近3日間10GB以上で
最大1Mbps
なし
契約期間 3年 2年
支払い方法 クレジットカード クレジットカード
口座振替
海外対応 なし 世界131カ国

2社で比較すると、GMOとくとくBBは最大34,700円のキャッシュバックがあるので、3年間利用したときの実質月額と総額費用が安くなります。また通信速度においても圧倒的にGMOとくとくBBの方が速く、高速通信がいつでも使えます。

どんなときもWiFiは料金と速度でGMOとくとくBBに劣りますが、通信制限がなく口座振替払い、海外利用ができます。契約期間が短いのもポイントです。

以上のことから、長期的に見て料金が安いのは「GMOとくとくBB」といえます。

ただ自分がどこを重要視するかによって、ベストなポケットWiFiは異なるので全員GMOとくとくBBが良いわけではありません。

「どんなに人におすすめなのか」それぞれまとめたので、ポケットWiFi選びの参考にしてください。

■GMOとくとくBBがおすすめの人

  • 通信速度は速い方が良い人
  • キャッシュバックで安く利用したい人
  • クレジットカード払いで問題ない人
  • 3年以上使う人

■どんなときもWiFiがおすすめの人

  • 通信制限がない方がいい人
  • 海外出張や海外旅行が多い人
  • 通信速度がある程度あれば問題ない人
  • 口座振替で支払いたい人
  • 2年以上使う人

⇒⇒GMOとくとくBBの特徴を再度確認して申し込む

⇒⇒どんなときもWiFiの特徴を再度確認して申し込む

▼ WiMAXのおすすめプロバイダをチェックしたい人はこちら。

おすすめWiMAX

WiMAXのおすすめプロバイダ8選!料金比較・人気機種【2020年4月】

2020年1月31日

まとめ

いかがでしたでしょうか。本記事では無制限に使えるポケットWiFiについて詳しく紹介しました。料金・速度重視ならWiMAX、その中でもGMOとくとくBBがおすすめ。通信制限がないポケットWiFiなら、どんなときもWiFiや限界突破WiFiなどがおすすめです。

最後に本記事の内容をまとめたので、振り返って確認してみましょう。

無制限に使えるポケットWiFiを比較

  • WiMAX: 月額料金3,609円〜、通信速度最大1237Mbps、端末代無料
  • au: 月額料金4,292円〜、通信速度最大558Mbps、端末代あり
  • ワイモバイル: 月額料金4,380円〜、通信速度最大988Gbps、端末代あり
  • 【結論】安くて速いのはWiMAX!→GMOとくとくBBがおすすめ
通信制限なし・無制限のポケットWiFi

  • どんなときもWiFi
  • 限界突破WiFi
  • SPACE Wi-Fi
どっちが良い?

  • 長期的に見ると、GMOとくとくBBがおすすめ
  • 通信制限がない方がいい、海外で使いたいならどんなときもWiFiがおすすめ

無制限ポケットWiFiがおすすめ!

おすすめのポケットWiFi クラウドSIM採用の無制限ポケットWiFiだったら2年で3万円以上安くなります!

ドコモ、au、ソフトバンク、ワイモバイルのポケットWiFiよりもクラウドSIM技術を採用した無制限でインターネットができるポケットWiFiを契約すれば月額3,000円台から利用できます。

次世代の最新技術を活用したドコモ、au、ソフトバンクのトリプルキャリア対応で通信速度が安定しやすく広いエリアでインターネット使い放題のポケットWiFiで契約するのが通信費を節約するコツです。