【2020年最新Wi-Fi規格】Wi-Fi6の特徴とメリット!

Wi-Fi6

本記事では、さらなる高速通信が可能になるWi-Fi規格のWi-Fi6について解説していきます。

Wi-Fi6は、2019年から実用化が始まった世界最新のWi-Fi規格です。携帯電話会社の5G通信も始まってスマホでのインターネットも高速化していきます。5Gの通信速度を最大限活かすために欠かせないのがWi-Fi6です。Wi-Fi6と5Gが私達の生活に根付けば、今までとは比べ物にならないレベルの高速インターネットが利用できるようになります。

本記事でWi-Fi6の特徴やメリットを確認して、私達の生活がどのように変わるのか確認しましょう。特に自宅のWi-Fi環境をより良いものにしたいと考えている人は参考にしてください!

本記事のポイント

  • Wi-Fi6はWi-Fiの規格。情報処理を高速に行うことができるのでインターネット速度向上が期待できる
  • Wi-Fi6を利用すると省エネでWi-Fi機器のバッテリー持ちが向上するケースが多い
  • Wi-Fi6なら通信範囲が広い2.4Ghz帯と障害物や距離に弱点を持つが速度が速い5Ghz帯以外に6GHz帯も処理できる

世界標準のWi-Fi規格の比較表

可愛い女性
まず、Wi-Fi6を理解する前にWi-Fi規格の種類を一覧表で確認しましょう。

■Wi-Fi規格の一覧表

Wi-Fi名称 最大通信速度 周波数帯
IEEE 802.11a 54Mbps 5GHz帯
IEEE 802.11b 11Mbps 2.4GHz帯
IEEE 802.11g 54Mbps 5GHz帯
Wi-Fi4
IEEE 802.11n
600Mbps 2.4GHz帯
5GHz帯
Wi-Fi5
IEEE 802.11ac
6.9Gbps 5GHz帯
Wi-Fi6
IEEE 802.11ax
9.6Gbps 2.4GHz帯
5GHz帯
6GHz帯

参照元:IEEE公式サイトWi-Fi Alliance公式サイト

Wi-Fiは、20年以上の歴史を持ち無線通信規格802.11をベースとして世界で最も幅広く利用されている無線通信技術のデファクトスタンダードです。

Wi-Fi規格の標準化・実用化は、IEEE(アイトリプルイー)という電子通信規格の標準化を行う米国電子学会とWi-Fi Alliance(ワイファイ アライアンス)というWi-Fi普及団体(インターネット関連の企業が集まって設立した非営利団体)が行っています。いずれの団体もインターネット先進国であるアメリカに拠点を構えています。Wi-Fi技術の標準化を行って無線LANを多くの地域に普及させることを目的として活動しています。

特にWi-Fi5からの進化スピードは凄まじく、2015年以降のスマホ・パソコンなどは大半がWi-Fi5の通信規格に対応しています。

Wi-Fi5でも最大6.9Gbpsの通信速度が期待できますが、Wi-Fi6に進化すると最大9.6Gbpsの通信速度と3つの周波数帯に対応しているのが分かります。Wi-Fi規格の中でも6GHz帯に対応しているのは、Wi-Fi6が初です。(2020年1月にWi-Fi6を6GHz帯まで拡張済み)

Wi-Fiに精通していない人でも、ものすごく進化していることが理解できますよね。

ポイント

第四世代のWi-Fi規格から無線通信規格802.11の代わりに多くの人が分かりやすい名称の「Wi-Fi4」に変更しました。802.11の名称も残っていますが、Wi-Fiを利用する私達一般ユーザーは、Wi-Fi5、Wi-Fi6という名称で呼ぶようにしましょう!

Wi-Fi6の特徴とメリット

WiMAXがおすすめの人
続いて、Wi-Fi6の特徴とメリットを確認していきましょう。

Wi-Fi6が利用できる機器・製品は、2019年以降に発売されているスマホやパソコンなどです。メーカー各社のWi-Fi規格に「IEEE 802.11ax」対応という記載があれば、Wi-Fi6対応機器として利用できます。例えば、2019年に発売されたiPhone11シリーズはWi-Fi6をサポート済みです。

ポイント

Wi-Fi6に対応したWi-Fiルーターが実用化されても古いスマホやパソコンを買い替える必要はありません。Wi-Fi6のWi-FiルーターでもWi-Fi5など古い規格にも対応しているので、上手にインターネット回線を処理してくれます。

通信速度がWi-Fi5よりも圧倒的に速くなる

Wi-Fi6の最大のメリットは通信速度の向上です。Wi-Fi5の通信速度の最大10倍の情報処理能力を持っているので、速度が10倍速くなる可能性があります。

動画視聴やファイルのダウンロードなどの処理能力も向上するので、一瞬でファイルがダウンロードできたり動画をスムーズに見れるようになります。さらに2.4GHz帯、5GHz帯、6GHz帯の3つの周波数を処理できるので、幅広い場所でWi-Fi接続が可能となります。

Wi-Fi通信がより安定しやすくなる

地下鉄、新幹線、観光施設など無料Wi-Fiが利用できる場所だと不特定多数の人が同時に利用する上に回線速度も早くないことが多いです。そのため、国内では無料Wi-Fiが繋がらなくて使い物にならないケースが多いです。Wi-Fi6が普及するとWi-Fi通信がより安定しやすくなっているため、自分だけのポケットWiFi同様に安定性が高くなります。

ただし、フリーWi-Fiの速度が劇的に早くなるとは言い難い部分があります。

スマートハウスやIoTが導入しやすくなる

Wi-Fi6になって通信速度の向上や通信安定性が高まることにより、スマートスピーカー、エアコン、冷蔵庫、自宅ドア、不在時の荷物受け取りなどスマートハウスを実現する上で欠かせない家電製品などのインターネット接続がスムーズになります。

まとめ

いかがだったでしょうか。過去のWi-Fi規格と共に最新Wi-Fi規格であるWi-Fi6の特徴やメリットを紹介しました。

Wi-Fi6は私たちのインターネットライフをより快適で高速にするために欠かせない無線通信技術の最新版です。Wi-Fi規格が進歩すればするほど私達の生活が豊かで便利になっていきます。

本記事で学んだ情報を参考にしてWi-Fi6に対応した機器やスマホ・パソコンにアップグレードして最速のインターネットライフを楽しんでくださいね!

最後にWi-Fi6について復習して終わりにしましょう!

本記事のポイント

  • Wi-Fiの通信規格はアメリカで決めて世界各国に普及している
  • Wi-Fi6以降もWi-Fi7、Wi-Fi8といったように技術革新のスピードに合わせてWi-Fi技術も向上していく
  • Wi-Fiを正しく理解することで私達の毎日の生活はより豊かになって、日常生活に彩りをもたらす

通信速度が安定していて安い光回線を見つけよう

おすすめ光回線の比較 光回線の見直しで通信費を安くできるって知ってましたか?

フレッツ光と同じ通信品質・速度で月額料金が安くなるドコモ光、ソフトバンク光などに乗り換えることでインターネット回線とスマホ料金をセットで安くする方法があります。既にフレッツ光を契約している人でも違約金不要でお得な光回線に乗り換えできるチャンスです!

最大10Gbpsの速度が出る最新の高速通信が利用できる上にお得なキャッシュバック特典や工事費用無料キャンペーンを活用して、月々の通信費を節約して家計の負担を軽減しましょう!光回線の最新キャンペーン情報もまとめています。今すぐチェック!