WiMAXと格安SIMの特徴を比較!どっちがいい?併用は可能?

WiMAXと格安SIMの違い

本記事では、WiMAXと格安SIMの特徴を比較していきます。筆者はWiMAX(ポケットWiFi)とUQモバイル(auのサブブランド)の格安SIMを利用していた時期があります。(現在、WiMAXとau回線を使用中。)

格安SIMに対応しているSIMフリールーターやタブレットで格安SIMを利用することもできますが、格安SIMはスマホ・iPhoneで利用するのがスタンダードな方法だと筆者は考えます。

それぞれの通信回線に合った用途や併用する方法なども解説していくので、格安SIM利用中の人はWiMAXの併用も検討してください。

ドコモ、au、ソフトバンクのキャリア回線の通信費を安くする目的で格安SIM・WiMAXを検討している人は、本記事でそれぞれの特徴を比較してあなたの目的に合った通信回線を契約しましょう!

本記事のポイント

  • WiMAXと格安SIMを併用するのはおすすめ
  • キャリア回線から格安SIMの安いプランに変更してWiMAXを併用するのも賢い選択
  • SIMフリーモバイルルーターを格安SIMで使うならWiMAXを契約した方が快適に使える

WiMAXと格安SIMの特徴を比較

まず、WiMAXと格安SIMの料金、通信速度、利用できるデバイスを比較していきましょう。

WiMAXはホームルーターやポケットWiFiとして活用するモバイルルーターでauのグループ企業であるUQWiMAXが大元となってサービスを提供しています。スマホ、パソコンなどで利用できる高速Wi-Fiとして活用できます。

格安SIMはドコモ、au、ソフトバンクの通信回線を借り受けてMVNO事業者(LINEモバイル、BIGLOBEモバイル、イオンモバイル、mineoなど)がサービスを提供しています。

データ通信のみのデータ専用SIM、SMS+データSIM、090・080などの携帯番号で音声通話もできる音声通話SIMの3種類が契約できるので、キャリア回線から格安SIMに乗り換えてスマホの通信費を安くしたい人が活用しています。

WiMAX 格安SIM
料金 月額3,300円〜4,200円
※無制限で使い放題
月額1,300円前後〜
※音声通話SIMでデータ容量3GB前後
初期費用 事務手数料3,000円 事務手数料3,000円
スマホ本体、モバイルルーター本体など
通信速度 下り最大速度440Mbps〜 格安SIMの回線によって異なる
※12時〜13時、18時〜19時などは速度が遅くストレスを感じる時もある
接続可能デバイス スマホ、PC、テレビ、ゲーム機など スマホ、SIMフリーモバイルルーターなど
最低利用期間 1年〜3年 0ヶ月〜1年
速度制限 3日間で10GB以上使った場合、
翌日18時〜26時まで1Mbpsの制限
データ容量超過で128Kbps〜の制限
利用方法 電源を入れるだけで利用可能 スマホの初期設定(APN設定)が必要

WiMAXと格安SIMの特徴を比較すると分かりますが、WiMAXと格安SIMは通信回線の種類ですが、用途としては全く別物として考えることができます。

WiMAXと格安SIMは併用、もしくは別々に使う通信回線として考えるのが一般的です。そのため、あなたのライフスタイルや目的に合わせてそれぞれの通信回線を契約するのがベストです。

ポイント

格安SIMのみ音声通話プランが用意されているので、通常の携帯電話・スマホとして利用することができます。WiMAXはインターネット通信専用の端末なので音声通話は不可能です。

WiMAXと格安SIMの併用で通信費を節約できる

可愛い女性
格安SIMで音声通話とインターネットが利用できるプランは、各社3GBで1,500円前後です。2,000円以下で毎月スマホを使えます。

参考として大手ショッピングモールのイオンが手掛ける格安SIMのイオンモバイルの料金と大手携帯電話会社のドコモの料金を比較してください。

単身者向けのプラン、家族向けの2回線以上のプラン共にほぼ同等のデータ容量でもイオンモバイルの方が半額以下で利用できることが分かります。

イオンモバイル ドコモ
料金 1回線の音声4GBプラン
1,600円
1回線のギガライトプラン(3GB)
3,980円
家族パック 2回線のシェア音声プラン30GB
6,180円
2回線のギガホ(30GB)
12,960円

格安SIMに変更することで通信費を大手携帯電話会社の半額程度に抑えることができます。家族パックで2回線利用だったら年間で81,360円もスマホ代を節約できます。

しかし、格安SIMを利用する上で気になるのが通信速度の遅さです。筆者も数社の格安SIMを利用していますが、キャリア回線ほど快適ではない時間帯が存在することも事実です。特にお昼のランチタイムや帰宅ラッシュの時間帯などスマホを利用する人が多い時間帯は、通信速度が遅くなる格安SIMが多いです。

そこで活用できるのがWiMAXです。

自分一人だけならデータ容量が安い音声通話SIMプランに切り替えてWiMAXを契約すれば、データ容量無制限で携帯電話
も使えます。さらにパソコンでも高速インターネットを使い放題にすることができます。

友人との連絡はLINEなどの無料通話アプリを使う人が大半ですが、ネットショッピングや会員登録などで携帯電話番号を持っていないと不便なことは多いです。(SMS認証や電話番号の登録が必要なクレジットカードの発行など)

下記表にまとめましたが、格安SIMとWiMAXを併用することで月々のインターネット代・スマホ代を合わせて5,000円前後にできます。

一人暮らしの人が格安SIMとWiMAXを併用するのは非常に大きなメリットがあります。

イオンモバイル WiMAX
料金 1回線の音声4GBプラン
1,600円
ギガ放題プラン
3,480円前後
ポイント

小学生の子供がいてインターネットの利用頻度が多い家庭ならドコモ光などの光回線を契約して、大手携帯電話会社の割引を適用した方がトータルの通信費を抑えることができます。格安SIMとWiMAXの併用は、単身者世帯や子供がいない共働き夫婦におすすめです。

光回線の通信費を安くできる光コラボや高速インターネットが利用できる光回線などを下記記事で比較しています。フレッツ光を契約中なら解約金不要・簡単の事務手続きで100%、スマホとインターネットの通信費を安くできます。あわせて参考にしてください。

おすすめ光回線の比較

【2020年最新】おすすめ光回線を8社比較!料金・速度で選ぼう

2020年2月20日

WiMAXと格安SIMのベストな組み合わせ

格安SIMに合わせるおすすめのWiMAXは、GMOとくとくBBです。

上述していますが、WiMAX回線はUQコミュニケーションズが提供するUQWiMAXが大元となっており、UQ代理店・WiMAXプロバイダ各社で契約可能です。格安SIMと異なり、どこの会社で契約しても通信速度・安定性は同じです。

そのため、WiMAXの契約先を見つけるときはキャンペーンや割引特典などを加味した実質月額料金が安いWiMAXを契約するのがおすすめです。

格安SIMを選ぶなら通信速度が安定しているソフトバンクのサブブランドであるワイモバイルがおすすめです。格安SIMと遜色ない料金プランで利用できる上に通信速度が速いです。

GMOとくとくBBのWiMAXとワイモバイルの特徴を確認して申し込みましょう!

GMOとくとくBB

GMOとくとくBB
東証一部上場のGMOインターネットが手掛けるGMOとくとくBB。WiMAXプロバイダ歴10年以上でドコモ光、auひかりなどの光回線のプロバイダ事業も行っているので通信速度の安定性に強い評価を持っています。

■GMOとくとくBBの特徴

  • 契約者全員がもれなくもらえる30,000円以上の高額キャッシュバック
  • WiMAXの最新モバイルルーターから好きな端末を選べる
  • 19,200円相当のWiMAXルーターを無料提供(ポケットWiFi、ホームルーター共に無料)
  • 割引を加味した実質月額料金は3,387円
  • 無制限でインターネット使い放題で下り最大速度1.2Gbpsの高速通信
  • 工事不要・最短即日発送で手元に届いた日からインターネットが開通できる

上記の特典を持ちます。外出時も利用できるポケットWiFiを契約して、外出時もWiMAX回線に接続することで格安SIMのデータ容量プランを大幅に安くできます。

お得に契約できる期間限定キャンペーンを開催している、いま申し込みましょう!

ワイモバイル

ワイモバイル
ソフトバンクのサブブランドとして展開するワイモバイル。格安SIM同様の料金体系となっていますが、通信速度の速さや通信速度の安定性は他社格安SIMよりも優れています。

  • 他社で利用中のAndroidスマホ・iPhoneをそのままで乗り換え可能
  • SIMカードを差し替えるだけの簡単手続き
  • ネットも通話もコミコミで月々1,480円〜利用できる
  • 格安SIM業界では珍しい国内通話が1回10分何度でも無料
  • 日本全国4,000店舗のワイモバイルショップでサポートを受けられる

上記の点が大きなポイントです。ワイモバイルだったら店舗数も多く、スマホやインターネットに詳しくない人でも相談することができます。

さらに1回10分の通話がかけ放題なのもワイモバイルの魅力です。他社はオプション料金で通話かけ放題を提供しているケースが多いですが、ワイモバイルなら料金に含まれています。

まずはワイモバイルの公式サイトを確認してメリットを詳しくチェックしてください!

WiMAXのメリット

続いて、WiMAXのメリットを一覧で確認してください。

  • ポケットWiFiを購入すれば外出時も高速インターネットができる(自宅でも利用可能)
  • 工事不要で利用できるので光回線のように開通まで1ヶ月前後かからない
  • プロバイダ経由で契約すればキャッシュバックや割引特典で実質月額3,000円台で利用できる
  • 格安SIMとWiMAXを併用することで月々のスマホ代とネット代を節約できる

主に上記がWiMAXのメリットです。デメリットとしては光回線よりも通信速度が遅くなる点、ギガ放題だが3日間で10GB以上使うと8時間の速度制限がかかる点、充電が必要・持ち運ぶ手間がかかるなどがデメリットとして挙げられます。

もっと詳しくWiMAXのメリットを確認したい人は下記記事を確認してください。

おすすめWiMAX

WiMAXのおすすめプロバイダ8選!料金比較・人気機種【2020年7月】

2020年1月31日

格安SIMのメリット

最後に格安SIMのメリットを確認しましょう。格安SIMを利用する最大のメリットはドコモ、au、ソフトバンクと比較して月々のスマホ代を半額程度に抑えることができる点です。

  • キャリアの通信費を半額程度に抑えることができる
  • 最低利用期間なし・解約金無しで契約できる格安SIMが多い
  • ドコモ、au、ソフトバンクのスマホそのままで乗り換え可能
  • 格安SIMと端末セットでお得に契約可能

上記の点が格安SIMの大きなメリットです。各携帯電話会社で購入したスマホをSIMロック解除すれば、自由に格安SIMに乗り換えできます。

ただし、デメリットとして10分以上の通話無制限プランは別途オプション料金で提供している会社が大半、12時〜13時・18時〜19時など多くの人がインターネットを活用する時間は速度が遅くなる、今使っているスマホでそのまま乗り換えできないケースがある(機種による)などが挙げられます。

まとめ

いかがだったでしょうか。WiMAXと格安SIMの特徴を比較しました。

WiMAXと格安SIMは併用・組み合わせることで通信費を大幅に削減できます。使い方次第で通信費を安くしてお得に使うことができます。本記事を参考にあなたのインターネットライフをより良いものにしましょう!

最後に本記事の重要な情報をおさらいして終わりにしましょう!

本記事のポイント

  • WiMAXはインターネット専用端末、格安SIMは携帯電話会社同様にインターネットと音声通話が利用できる
  • WiMAXと格安SIMを併用することで通信費を削減できる
  • WiMAXを自宅の固定回線として利用して通信費を節約することも可能

月額料金が安いWiMAXを見つけよう

おすすめWiMAX WiMAXプロバイダ選びで3万円以上損する可能性があります!

WiMAXを契約できる会社は全て通信回線・通信速度・販売端末が共通化しています。そのため、WiMAXを契約する会社を選ぶ時は割引やキャッシュバックなどを加味した実質月額料金が安いプロバイダで契約するのが通信費を節約するコツです。

1.0Gbpsの高速通信が可能な最新端末も無料で購入できるWiMAXプロバイダを見つけてください!最新キャンペーン情報もまとめています。