WiMAXで機種変更するメリットデメリット!手続き・料金

WiMAXを機種変更

本記事では、WiMAXを機種変更するメリットデメリットを紹介していきます。

結論から言うと、契約中のWiMAXプロバイダで機種変更することで得られるメリットは少ないです。メリットよりもデメリットの方が多い上に機種変更するタイミングによっては損するケースもあります。

筆者は過去8年以上WiMAXを常に使い続けていますが、一度も同一プロバイダで機種変更をしたことがありません。その理由を順に確認していきましょう!

本記事の重要ポイント
  • WiMAXからWiMAX 2+の機種変更は2020年3月まで(2020年3月で旧WiMAX回線は停波)
  • 3年契約の途中でWiMAXルーターを機種変更することは可能
  • 同一プロバイダで機種変更するよりも他社プロバイダに乗り換えた方が月額料金が安くなる

WiMAXを機種変更するメリット

可愛い女性
まず、最初にWiMAXを機種変更するメリットを順に確認していきましょう!

注意点

同一プロバイダで機種変更するよりも新規プロバイダに乗り換えた方がWiMAXを安く利用できるようになります。これは全てのWiMAXプロバイダに共通しています。契約変更の手間などはかかりますが、最大で36,000円以上の節約になるので同一プロバイダで機種変更するメリットは少ないです。

速度・つながるエリアが広くなる

WiMAXプロバイダは3年契約に設定されているプロバイダが多いです。また、最新端末は年に1〜2日発売されており、1月に新機種が発売されることが多いです。

そのため、3年契約していると後半は、1世代〜2世代前のWiMAX機種を使っていることになります。WiMAXルーターは新機種が発表されるたびに下り最大速度が早くなったり、充電性能が大幅に向上します。

また、ホームルーターなどはつながる範囲が最大25%アップしたりするので、機種変更することでより快適にWiMAXでネットを楽しむことができるようになります。

充電の持ちが良くなる

WiMAXを使い続けていると電池持ちが悪くなります。機種変更して最新機種に切り替えることで新品になるので、電池持ちが格段に向上します。また、新しい機種であればあるほど、バッテリー容量が多く連続通信時間も長くなる傾向にあります。

機種変更することでモバイルルーターの利便性も大きく向上します。

WiMAXを機種変更するデメリット

続いて、WiMAXを機種変更するデメリットを確認していきましょう。

契約更新期間がリセットされるケースが多い

契約期間中に同一プロバイダで機種変更ができるようになる期間は定められています。(例:Broad WiMAXは契約から20ヶ月経過した後に機種変更が可能、GMOとくとくBBなら契約から32ヶ月経過した後に機種変更可能など)

また、機種変更した月で契約期間が変更になります。例えばGMOとくとくBBなら37ヶ月目が解約料金無料の契約更新月ですが、32ヶ月目で機種変更してしまうと契約更新月が変更となります。機種変更した月を0ヶ月目として計算される仕組みとなっています。

そのため、同一プロバイダで機種変更する場合、解約金無料の契約更新月がずれてしまいます。

他社乗り換えよりも月額料金が高くなる

WiMAXプロバイダは、新規契約で月額料金割引・キャッシュバック特典などが適用される仕組みとなっています。また、契約期間が長くなればなるほど料金が高くなる仕組みになっているため、基本的に契約期間の3年が満了したら他社に乗り換えて、新規契約したほうが圧倒的にWiMAXの月額料金が安くなります。

事実、筆者は過去に8年以上使っていますが、契約更新のタイミングで解約金0円で解約して他社WiMAXを新規契約しています。

機種変更無料の案内があるケースもありますが、他社で新規契約した方が月々の料金が1,000円以上安くなります。月額料金が高くなってしまうのも機種変更のデメリットです。

他社乗り換えのお得な割引特典を放棄することになる

同一プロバイダで機種変更すると他社で適用される割引キャンペーンを放棄することになります。

また、同一プロバイダの機種変更だったら端末料金がかかるケースもありますが、他社のWiMAXプロバイダに乗り換えれば端末料金無料で使い始めることができます。

WiMAXを機種変更する時の手順・手続き

可愛い女性
WiMAXを機種変更する時の手順・手続きを順に確認していきましょう! 端末料金がかかるWiMAXプロバイダは、端末料金が機種変更のときに一括・分割払いで購入可能です。

プロバイダの機種変更ルールを確認

上述していますが、WiMAXプロバイダによって機種変更ができる条件は異なります。Broad WiMAX、GMOとくとくBB、BIGLOBEWiMAXなどの大手プロバイダは、購入してから1年以内の機種変更に対応していません。

概ね、20ヶ月以上利用した後に機種変更の手続きが可能となります。また、機種変更をするなら2年以上使った方が新しい機種に変更した時にWiMAXルーターの機能が向上するのでおすすめです。

ポイント

WiMAXプロバイダによって機種変更後に料金プランが変わるケースがあります。従来の料金プランから月額300円割引などの特典があるケースもあるので、機種変更をするプロバイダの料金プランを確認しましょう。

機種変更の申込み

WiMAXの契約時同様にネット完結で機種変更手続きが可能です。プロバイダによっては会員専用のコールセンターから電話で機種変更手続きが可能となるケースもあります。

機種変更する機種は電話で確認するよりも一度自分で調べたほうが良いです。あなたの目的や使い方に応じてもっとも適切なWiMAX機種を選びましょう!

下記記事で最新WiMAXルーターの特徴を一覧で確認できます! あわせて読んでください!

WiMAXルーター

WiMAXルーターの比較ガイド!端末料金・通信速度【2020年最新】

2020年1月31日

⇒⇒最新WiMAXルーターの比較ガイド

違約金不要で乗り換えするならBroad WiMAX

Broad WiMAX
違約金不要で乗り換えるならBroad WiMAXがおすすめです。

他社からの乗り換えでかかる違約金が完全無料となっています。クレカ払い・オプション加入(いつでも解約可能)で初期費用18,857円が完全無料です。

端末代金も0円で契約できる上に月々の月額料金も業界トップクラスの3,500円前後で利用できます。まずは公式サイトに移動して申込みを検討しましょう!

まとめ

いかがだったでしょうか。WiMAXで機種変更するメリットデメリットを紹介しました。

WiMAXは同一プロバイダの機種変更は、トータルで考えると月額料金が高くなるのでおすすめできません。契約更新月に他社プロバイダに乗り換えた方がお得に使い続けることができます。

他社に乗り換えるデメリットは契約の手間がかかるだけです。ただし、ネット完結で申し込んで自宅に端末が届いてすぐに利用できるようになります。