WiMAX契約でかかる料金を完全解説!月額料金・初期費用・端末費用

WiMAXの料金

本記事では、WiMAXを初めて契約する人に向けて契約時にかかる初期費用・端末費用、契約後に毎月かかる月額料金について解説していきます。

スマホ・格安SIM・光回線の料金体系と比較すると、WiMAXの料金体系は非常にシンプルで分かりやすいのが大きな特徴です。また、WiMAX回線を提供する大元のUQWiMAX、代理店として運営しているWiMAXプロバイダ全社で販売しているWiMAXルーターや通信速度は全て統一されています。そのため、WiMAXを購入する時は料金体系・キャッシュバックなどの割引特典のみを比較するだけでOKです。

それでは早速、WiMAX契約にかかる初期費用と月々の月額料金に分けて分かりやすく解説していきます。

本記事の重要ポイント
  • 初期費用は契約事務手数料の3,000円のみのWiMAXプロバイダが大半
  • 1年目は安くて2年目以降の料金が高くなるWiMAXプロバイダが多いので、実質月額料金で安いプロバイダがイチオシ
  • WiMAX速度を重視するならHUAWEI製の高速通信が可能なWiMAXルーター(モバイルルーター・ホームルーター共に)がおすすめ

WiMAX契約でかかる料金の種類

WiMAX契約でかかる料金の種類は下記の通りです。

それぞれ順に確認していきましょう!

WiMAXでかかる料金

WiMAX契約でかかる料金は、最初に支払い契約事務手数料3,000円と月々の月額料金のみと考えて問題ありません。その理由を順に詳しく確認していきましょう。

初期費用

WiMAXプロバイダでかかる初期費用は、大きく分けて下記の3種類です。

  1. 契約事務手数料3,000円
  2. WiMAXルーター購入代(0円〜19,200円)※端末購入費用を無料に設定しているWiMAXプロバイダが大半です。
  3. 各種設定の初期費用(本サイトで調査した限り、Broad WiMAXでのみ発生する料金です。)

上記の通りとなっています。WiMAX契約時にかかる初期費用は、契約事務手数料の3,000円のみと考えて問題ありません。また、Broad WiMAXでは、18,857円の初期費用がかかりますが、クレカ払い・オプション契約を選択すれば完全無料となるので、安心してください。

光回線のようにインターネットの新規開通で15,000円の工事費がかかることもありません。WiMAXルーターが届いた日から工事不要で高速インターネットが利用できます。

月額料金

WiMAXプロバイダの月額料金は、契約年数に応じて料金が段階的に高くなる仕組みを導入しているWiMAXプロバイダが多いです。そのため、初月無料などの特典を受けたいときは、3年間使用したときの実質月額料金はいくらなのか? という点のみにフォーカスして料金を比較するのがベストです。

月額料金が安いWiMAXプロバイダの料金例(ギガ放題プラン)を参考にしてください!

※WiMAXプロバイダによって割引になる期間が若干異なりますが、分かりやすく比較できるようにしています。実質月額料金は各社の契約期間(1年〜3年)を満了したときの平均となっているので、安いWiMAXプロバイダを確認したい人は、実質月額料金を確認してください。

GMOとくとくBB
月額割引プラン
Broad WiMAX BIGLOBEモバイル WiMAX
1〜3ヶ月目 2,590円 2,726円 2,980円
3ヶ月目〜24ヶ月目 3,344円 3,411円 3,980円
25ヶ月目以降 4,263円 4,011円 3,980円
実質月額料金 3,604円 3,573円 3,947円

上記表のように契約している期間によって料金が異なる仕組みとなっているプロバイダが多いです。そのため、割引キャンペーンやキャッシュバックを加味した実質月額料金で比較するのがもっともおすすめです。

BIGLOBEWiMAXは、料金体系が高くなっています。端末代金が月々の料金に上乗せされている点が関係しています。ただし、契約期間が1年となっているので短期的にWiMAXを利用したい人は割高になりますが、活用する価値があります。

下記記事でWiMAXプロバイダの月額料金を比較して、おすすめWiMAXを紹介しています。あわせて読んでください!

おすすめWiMAX

WiMAXのおすすめプロバイダ8選!料金比較・人気機種【2020年7月】

2020年1月31日

機種変更時の端末料金

WiMAXルーターは毎年1月に新機種が発売されます。ポケットWiFiタイプのモバイルルーターと筒タイプのホームルーターがそれぞれ発売されます。

機種変更時の端末料金は、WiMAXプロバイダによって価格が異なりますが、15,000円〜19,200円で機種変更できます。ただし、おすすめWiMAXとして人気があるGMOとくとくBBなどのように契約時に端末をプレゼントしているWiMAXプロバイダは、機種変更時や契約更新時にWiMAXルーターの新機種が無料プレゼントの案内が届くケースがあります。(筆者は過去にGMOとくとくBBで契約しているとき、機種変更で端末無料プレゼントの案内が届きました)

ポイント

WiMAXプロバイダによって通信速度や端末料金は統一されているので、同一WiMAXプロバイダで機種変更するよりも他社に乗り換えした方がお得に使えるのがWiMAXの大きな特徴です。

解約金

WiMAXプロバイダは原則、大半の事業会社が3年契約に統一されています。また、2019年10月以降に施行された改正電気通信事業法に伴い、解約金が最大1,000円になっているWiMAXプロバイダもあります。

大半のWiMAXプロバイダの解約金・解約条件は下記の2パターンに分かれます。

  • 3年契約で契約更新月以外の解約金は9,500円〜19,000円(契約更新月は0円)
  • 1年契約で解約金が1,000円、13ヶ月目以降は解約金0円(端末代がかかる、月々の料金が割高に設定されている)

上記の通りとなっています。契約更新月以外に解約すると解約金がかかるので注意してください。また、契約期間が短いプロバイダは端末料金が請求・月々の料金が割高に設定されているので、結果的に損するケースが多いです。

WiMAXを1円でも安く使いたいなら3年契約・キャッシュバックや月額料金割引キャンペーンを実施しているWiMAXプロバイダを選びましょう!

ポイント

解約金がかからない更新月に解約するのがもっともお得にWiMAXを使い続けることができます。契約前に各社の解約条件も確認するのがベストです。

WiMAXの解約ルールや解約金などを契約前に確認することを推奨します。

WiMAX料金の支払いはクレジットカード払い推奨

格安SIM同様にWiMAXをお得に安く特典を利用して申し込める窓口のプロバイダや代理店では、クレジットカード払いが前提となっています。複数社、口座振替などクレジットカード払いにも対応していますが、原則、契約に伴いクレジットカードが必要と考えてください。

まとめ

いかがだったでしょうか。WiMAX契約に伴う初期費用や月々の料金プランについて解説しました。WiMAXプロバイダでキャンペーン・キャッシュバックが異なりますが、あなたのライフスタイルやプランに応じたプロバイダを選びましょう!

契約期間は各社3年になっているのが一般的ですが、月々の料金が安くお得にWiMAXを使い続けることができます。最後に本記事の重要なポイントをおさらいして終わりにしましょう!

本記事のポイント

  • WiMAXの契約にかかる費用は初期事務手数料の3,000円のみに設定されているケースが多い
  • 各社料金体系が異なるので契約期間中のトータル割引などを踏まえた実質月額料金で比較するのが賢い選択
  • WiMAXの支払いはクレジットカード払いを選択すると手間がかからない

月額料金が安いWiMAXを見つけよう

おすすめWiMAX WiMAXプロバイダ選びで3万円以上損する可能性があります!

WiMAXを契約できる会社は全て通信回線・通信速度・販売端末が共通化しています。そのため、WiMAXを契約する会社を選ぶ時は割引やキャッシュバックなどを加味した実質月額料金が安いプロバイダで契約するのが通信費を節約するコツです。

1.0Gbpsの高速通信が可能な最新端末も無料で購入できるWiMAXプロバイダを見つけてください!最新キャンペーン情報もまとめています。