WiMAXとWi-Fiの違い!速度や料金は変わるの?

WiMAXとWiFiの違い

本記事では、WiMAXとWi-Fiの違いについて紹介していきます。

Wi-Fiと聞くとパソコンやスマホなどの機器をインターネットに接続する方法という認識を持っている人が多いと思います。スターバックスやマクドナルドなどでも公衆無線Wi-Fiで快適にネットができるようになっています。

また、ドコモ、au、ソフトバンクグループのワイモバイルで購入できるポケットWiFiのイメージも強いのではないでしょうか。WiMAX、Wi-Fiいずれも無線LANで簡単にインターネット接続できますが、WiMAXとWi-Fiって具体的に何が違うの? という疑問が湧いてくると思います。

本記事でWiMAXとWi-Fiの違いについて解説していくので、WiMAX・ポケットWiFiの契約を検討している人は正しく理解して疑問を解決しましょう!

本記事の重要ポイント
  • Wi-Fiは無線LANの接続がスムーズに行えるように共通化された通信規格
  • WiMAXも無線LANの通信規格のひとつでUQ WiMAXが提供している高速モバイルインターネット回線を指す
  • WiMAXはモバイル回線のひとつでWiMAX 2+回線を利用している。ギガ放題が安い料金体系で使える点が大きなポイント

WiMAXとWi-Fiの違い

冒頭でも紹介していますが、WiMAXとWi-Fiは共に無線LANでインターネットに接続できる通信規格です。中継機器であるルーター(Wi-Fiルーター、WiMAXルーター)を利用して誰でも簡単にインターネット接続できる仕組みになっています。

駅、ファミレス、ファストフードチェーンなどで公衆無線Wi-Fiを提供しているので、Wi-Fiの認知度が高いです。WiMAXは、UQコミュニケーションズのUQ WiMAXが提供している高速通信が可能なネット回線(WiMAX 2+)です。

WiMAXとWi-Fiの主な違いは下記の通りです。

反対にWiMAXとWi-Fiが共通している点は下記のポイントです。

  1. WiMAX・Wi-Fi共にパソコン、スマホ、タブレット、テレビ、エアコン、ゲーム機などを無線LAN接続でインターネットに繋ぐことができる
  2. 持ち運びができるポケットWiFi、モバイルルーターの端末が購入できる
  3. 各種回線に対応しているルーターを購入するだけでネット接続できる

続いて、WiMAXとWi-Fiとして認知度が高いソフトバンクグループのワイモバイルで利用できるポケットWiFiの違いを例にして具体的にそれぞれの違いを確認していきましょう!

Wi-Fiについて下記記事で詳しく解説しています。Wi-Fi中心に情報を確認したい人は下記記事もあわせて参考にしてください。

Wi-Fiとは

Wi-Fiとは | Wi-Fiの種類と始め方を徹底解説!

2020年2月13日

通信規格の提供元

下記の通り、通信規格の名称が異なり提供元も異なります。

  • Wi-Fi……Wi-Fi Alliance(ワイファイ・アライアンス)が管理する通信規格の名称
  • WiMAX……WiMAX Forum(ワイマックス・フォーラム)が管理する通信規格の名称

繰り返しになりますが、WiMAXは、UQコミュニケーションズが手掛けるUQWiMAXと共に代理店プロバイダであるGMOとくとくBB、Broad WiMAXなどがWiMAX回線を提供しています。

反対にWi-Fiは、知名度が高いワイモバイルなどがポケットWiFiを提供しています。ドコモ、au、ソフトバンクなどのMNOのキャリア回線を利用したWi-Fiサービスも利用できます。

ポイント

名称が異なるだけでいずれもモバイルデバイスなどで高速インターネット通信ができます。それぞれの通信規格の違いは気にしなくても快適なインターネットができるので安心してください。

通信回線の種類

続いて、通信回線の種類を確認していきましょう。

  • WiMAX……UQコミュニケーションズのUQWiMAX回線を利用
  • ポケットWiFi……ドコモ、ソフトバンク、ワイモバイルなど各社の通信回線を利用

WiMAXは、UQWiMAXが提供するWiMAX 2+のみとなっており、GMOとくとくBB、Broad WiMAX、BIGLOBEWiMAXなど代理店プロバイダも同等品質の回線を利用しています。格安SIMのようにキャリア回線よりも速度が遅くなることはありません。

大元のUQWiMAXもBroad WiMAXも全て同じ通信速度で利用できます。

ポケットWiFiは、ワイモバイル、ソフトバンク、ドコモなど各社の通信回線を利用する仕組みになっています。後述しますが、価格面・速度面・利便性の高さ共にWiMAXに軍配が上がります。

回線速度とルーターの種類

WiMAXとポケットWiFiでは、ルーターの種類が異なります。

人気があるワイモバイルの803ZT、801HQ、603HWなどの機種を筆頭にドコモからもWi-Fi STATION SH-05Lなどのルーターが販売されています。

WiMAXはUQWiMAXのWiMAX 2+回線、ワイモバイルやドコモなどは各キャリア回線で利用できる仕組みとなっています。

WiMAXで人気があるルーターメーカーのHUAWEIとワイモバイルで人気があるルーターメーカーのZTEの機種を比較してください。

Speed Wi-Fi NEXT W06 Pocket WiFi 803ZT
通信速度 下り最大1.2Gbps 下り最大988Mbps
重量 約125g 約153g
機種代金 0円 10800円
バッテリー容量 3000mAh 3000mAh
連続通信時間 約9時間 約12時間
カラー ホワイトシルバー、ブラックブルー シルバー
メーカー名 HUAWEI ZTE

いずれのルーターもほぼ同等品質で利用できます。速度を求めるなら下りの最大速度が早いWiMAXルーター、充電時間の持ちを重視するならポケットWiFiルーターに軍配が上がります。

ただし、WiMAXではHUAWEI製のルーター以外にNEC製のルーターも購入できます。また、WiMAXでは端末費用が無料プレゼントされるプロバイダが大半なので、ルーターという観点では、WiMAXに軍配が上がります。

利用料金

続いて、ポケットWiFiとWiMAXの料金を比較しましょう!

ここでは、業界トップクラスの安さを誇るWiMAX回線のGMOとくとくBBとワイモバイルのポケットWiFiプラン2(ベーシック)の料金を比べます!

※GMOとくとくBBは、キャッシュバック特典を適用した状態の実質月額料金を記載しています。キャッシュバック特典は、契約12ヶ月前後で申し込んだ人全員もれなく貰える特典です。

GMOとくとくBB ワイモバイルのポケットWiFi
7GBプラン 2,751円 3,696円
ギガ放題プラン 3,387円 4,380円
速度制限時の速度 1Mbps 128Kbps
通信速度 下り最大1.2Gbps 下り最大988Mbps

7GBプラン、使い放題のギガ放題プランいずれもWiMAXの料金体系に大きく軍配が上がります。また、速度制限時の速度もWiMAXなら、動画視聴も可能な1Mbpsが保証されています。

総合力で見てもWiMAXに軍配が上がる結果となっています。このようにWiMAXとWi-Fiを比較すると細かい違いはありますが、いずれも快適なネット通信ができることに変わりはありません。

通信速度の速さと料金の安さを重視するならWiMAX一択で問題ありません!

下記記事でおすすめWiMAXプロバイダを紹介しています。あわせて確認しましょう!

おすすめWiMAX

WiMAXのおすすめプロバイダ8選!料金比較・人気機種【2020年7月】

2020年1月31日

⇒⇒おすすめWiMAXプロバイダを比較

まとめ

いかがだったでしょうか。WiMAXとWi-Fiの違いについて紹介しました。

安さや通信速度を重視するならWiMAXを利用しましょう! WiMAXなら様々なプロバイダがお得な料金プランで通信回線を提供しています。スマホ、パソコン、ゲーム機など多種多様な端末に接続できる上に自宅のWi-FiをWiMAXに切り替えることで通信費の節約も可能です。

これを機にWiMAXの利用を検討しましょう!

本記事のポイント

  • WiMAXでもポケットWiFiを購入可能
  • ワイモバイルとWiMAXなら無制限でWi-Fiが使い放題のギガ放題プライが利用可能
  • 光回線もWi-Fi接続で高速インターネットが利用可能

月額料金が安いWiMAXを見つけよう

おすすめWiMAX WiMAXプロバイダ選びで3万円以上損する可能性があります!

WiMAXを契約できる会社は全て通信回線・通信速度・販売端末が共通化しています。そのため、WiMAXを契約する会社を選ぶ時は割引やキャッシュバックなどを加味した実質月額料金が安いプロバイダで契約するのが通信費を節約するコツです。

1.0Gbpsの高速通信が可能な最新端末も無料で購入できるWiMAXプロバイダを見つけてください!最新キャンペーン情報もまとめています。